体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワーキングホリデーを経験した私から、これからの人へアドバイス

image

Photo credit: Erika Anne Nagaoke「世界遺産間近にクルージング

Hi everyone! TRiPORTライターのErikaです。
シドニーにワーキングホリデーで来て、もうすぐ一年が経ちます。家族や友人に対しての感謝が絶えない毎日が続いたことなど…。この経験は私の人生の中で特に濃い、忘れられない一年として心に残ることでしょう。さて今回は、私の体験をもとにワーキングホリデーに行くまえに最低限必要な準備について紹介します。ワーホリに挑戦したい人はぜひチェックしてみてください。

日本での準備(シドニーの場合)

ワーホリに行く前に準備すべきことがたくさんありますが、期間としては半年あれば充分ではないかと思います。以下最低限必要な準備のチェックリストです。

ビザの手続き
・航空券
パスポート(期限切れ・更新に注意)
旅行保険
・国外転出届
・年金と住民税の手続き
・お金

(以下は必要であれば)
・学校の手続き
・宿泊先
・歯の治療
・YHA(ユースホステルアッコモデーション)会員
国際運転免許証
・履歴書

これらを準備しておくと安心です。学校は向こうに行ってからでも決めることができます。直接学校に行って話を聞いて、コースを申し込む学生も少なくありません。宿泊先は直前でもインターネットからバックパッカーを検索して「一泊:$10〜」(約1000円)で泊まることができます。しかし、荷物が多い場合や安全面を考えると、短期間のホームステイがおすすめ。学生寮に住むこともできますが、家賃はホームステイよりも高いことが多いです。おおよその金額を以下にまとめてみました。(1週間あたり家賃が高い順)

・学生寮$300~(約28,000円)
・ホームステイ$250~(約23,000円)
・オウンルーム$200~(約18,000円)
・シェアルーム(5人1部屋)$120~(約11,000円)

ホームステイのデメリットは学校から遠いことが多いということ。私の場合、車で30分くらいの距離がありました。ピックアップが必要なため、あまり自由がききません。メリットは、ホストがその国の情報についてアドバイスしてくれたり、休みにはどこかへ連れて行ってくれることもあるところです。

私は留学エージェントを6社ほどまわって、最終的に自分に合うところを見つけることができました。そこは、エージェントを通して学校に申し込む代わりに、ビザの手続きを無料で行ってくれました。私の選んだ学校はエージェントを通しても、通さなくても学費が同じだったのでお得でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo credit: Erika Anne Nagaoke「南米コロンビア美男美女とバーベキューパーティー

費用

ワーキングホリデーのはじめに必要な費用ですが、私の場合おおよそ以下のような感じです。(※シドニーでの場合。他の地域だともっと安いと思います)

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy