ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TDLとTDS バリアフリー対応し「3世代ディズニー」が人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これまで、子供や女性が主な来場者だったテーマパークに“異変”が起きている。シニア層が増えているのだ。『レジャー白書2014』によると、2013年の遊園地・テーマパークの来場者の3分の1が50~70代だという。そのため、各テーマパークはシニア層も楽しめるアトラクション、レストランなど、さまざまなサービスをこぞって用意している。

 コンセプトはズバリ「3世代ディズニー」だ。

「園内すべてのアトラクションやレストランはスロープやエレベーターを設置したバリアフリー対応です。ランドもシーも赤ちゃんからお年寄りまで快適に過ごせます」(ディズニーパーク攻略家・みっこさん)

 必要に応じてベビーカー、車いす、電動カート、介助用電動車いすを有料でレンタルできる。まだディズニーに行ったことのない初心者のシニア層にお勧めなのが、アテンド付きのガイドツアーだ。

「『プレミアムツアー』を申し込むと、希望に応じてガイドが同行ツアーを組んでくれます(1グループ6名まで、2万1600円)。対象アトラクションを優先的に利用できます。さらにショーのスペースもあらかじめ確保されている、お得なツアーです」(みっこさん)

 3世代向けのアトラクションも充実する。

 7月17日には映画『リロ&スティッチ』のアトラクション「スティッチ・エンカウンター」がオープン予定だ。高齢化社会に詳しいジャーナリストの嶌信彦さんはこう評する。

「高齢者でも、映画を見るような感覚で、座りながらスクリーンのスティッチとの掛けあいを楽しめるようです」

 絶叫マシンで有名な富士急ハイランドが2014年7月にオープンしたのが、直径20mの巨大スクリーンに映し出される映像で富士山周辺の擬似フライトを体験できる「富士飛行社」(1回1000円※フリーパス使用可)。座席は映像に合わせて動き、飛行機に乗っているような感覚になる。久石譲さん作曲のオリジナル音楽に加え、花畑の上空を通過したら花の香りが漂い、湖上では水のしぶきを肌に感じるなど、視覚だけでなく五感をフルに使って擬似フライトを堪能できる。

「絶叫マシンには乗れないシニア層も『富士飛行社』ならお孫さん(4才以上、身長110cm以上)と一緒に楽しめます。とくにお勧めは、上空から眺めた富士山の美しい姿です」(富士急ハイランド宣伝部担当者)

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東京ディズニーランドの魅力と楽しみ方をディズニー通が解説
高齢者の来園増えテーマパークが3世代化 注意点と楽しみ方
GWの良お出かけスポット 残雪の富士山が目の前の絶景観覧車

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP