ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パパラッチ映画『ナイトクローラー』と「タクシードライバー」をマッシュアップしてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジェイク・ギレンホールの恐るべき怪演に注目が集まっている『ナイトクローラー』、本作のマッシュアップ動画が公開され、話題となっている。

“ナイトクローラー”とは、いち早く事件・事故現場に駆け付けて被害者にカメラを向け、それをテレビ局に売りさばく報道スクープ専門の映像パパラッチのこと。ジェイクは、ナイトクローラーに扮し夜な夜な事件を嗅ぎ付けロサンゼルスの街を車で疾走する。車が象徴的に使われていること、そしてジェイクのその狂気に満ちた演技が、『タクシードライバー』のトラヴィス(ロバート・デ・ニーロ)を彷彿とさせる、と早くも話題だ。

そして今回、動画共有サイトvimeoに公開されたのは、『タクシードライバー』×『ナイトクローラー』、そしてライアン・ゴズリングの人気を決定づけた、こちらも車が象徴的な映画『ドライヴ』×『ナイトクローラー』のマッシュアップ動画だ。

『タクシードライバー』×『ナイトクローラー』

『ドライヴ』×『ナイトクローラー』

どちらも『タクシードライバー』、『ドライヴ』の劇中曲をBGMに、2つの作品の本編シーンを融合させた映像だが、どちらも全く違和感のない仕上がりになっている。夜の街で車を走らせる彼らの目には、空虚さと狂気が宿り、車中から見える光景は、主人公たちの心情描写に一役買っている。時代も街も設定も異なるが、こうして重ね合わせると、何かしらの共通点があるように見えて面白い。

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。そして、遂にルーは一線を越える──。

https://youtu.be/SuwFGMGt1go

映画『ナイトクローラー』は8月22日より公開
(C)2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

■参照リンク
『ナイトローラー』公式サイト
http://nightcrawler.gaga.ne.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

視聴率至上主義のTV業界裏に迫る J・ギレンホールが暴走&怪演!映画『ナイトクローラー』

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP