ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​イタリア先行放送の『ルパン三世』のテーマ曲がラップ!?違和感がハンパない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アニメ「ルパン三世」の30年ぶりの新シリーズだが、日本での秋の放送を前に、イタリアでの先行放送が8月29日に決定。イタリアとサンマリノ共和国が舞台ということで、海外で先行放送という運びになったようだが、そのテーマ曲が日本のイメージとは随分違ったものだと話題になっている。

日本の予告PVでは、お馴染みの「ルパン三世のテーマ」がバックに流れており、今まで通り安心の世界観を見せてくれている。しかしイタリアRTI局のバージョンでは、エレクトロ風のイントロにラップという、映像との違和感が半端ないイメージの曲が流れているのだ。歌詞の内容はよく判らないが、ルパンや不二子、五右衛門といった言葉がラップに紛れていることから、登場人物について歌ったストレートな内容であることがうかがえる。

ネット上での反響は「うぇー糞ラップだ、日本版と一緒にしてよ」「これを毎回OPに使うのは判断に困ってしまうね」「90%の人はこれは駄目だと感じているだろう」など酷評。長年積み上げてきたイメージがあるだけに、この現代風のラップ・テーマは、世界のルパン愛好者にもやや不思議なものに聞こえるようだ。

https://youtu.be/at2j1BWrRrM

https://youtu.be/jRf6npXftsA

■参照リンク
『ルパン三世』公式サイト
http://lupin-new-season.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

アニメ『ルパン三世』が30年ぶりに新TVシリーズ復活!超絶カッコよすぎる

AOLニュース
カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP