ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スキニーを履き続けた女性を待っていたのは、4日間の入院生活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Collective Evolution」でAlanna Ketler氏の記事によれば、スキニージーンズを長時間履くことで、足の神経をひどく痛めつけてしまうのだとか。
実際にあった事例をもとに記事ですが、そもそもカラダに合っていない、それもどこかを圧迫するようなサイズ選びに問題があるようです。

最近の調査で、スキニージーンズを履くことは健康に悪影響を及ぼすということが判明しました。調査によると、極度にタイトなジーンズを履いてしゃがむことは、足の神経と神経繊維の損傷を引き起こす可能性があるとか。その研究結果は、雑誌「Journal of Neurosurgery & Psychiatry」に掲載されました。
その中で報告されたケースは、オーストラリアのロイヤル・アデレード病院で治療を受けた35歳の女性。スキニージーンズを履いていた彼女の両足首は虚弱になり、病院で治療する必要がありました。この話はインターネットを通し、瞬く間に広がったのです。

足が腫れて
4日間も病院に入院

この女性はプレゼンテーションの前日に、家族の引越しを手伝っていました。食器棚を整理しながら何時間もしゃがんでいました。彼女はその時、スキニージーンズを履いていました。するとその締め付けがだんだんと強くなり、不快に思うようになりました。夜、作業が終わり家へ帰る途中、両足に辛いしびれを覚えました。そして意識を失ってしまったのです。発見されるまで、彼女は数時間道端で倒れていたとか。

検査の結果、両足に水分が溜まってひどく腫れてしまい、特に右足は深刻な状態でした。足が腫れていたため、ジーンズを脱がせることができず切るしかありませんでした。
足首と指の動きが全体的に弱くなっていて、右足は左足より症状が深刻でした。両足のひざから足首の側面、背面、そして足の裏部分の感覚は弱ってしまっていました。足の周辺の脈拍は普通でしたが、足は温かくなっていました。足と足首が回復し普通に歩けるようになるまで、4日間も病院で過ごすことになったとか。

矯正下着にも要注意

私たちの健康に悪影響を及ぼす衣服は、スキニージーンズだけではありません。補正下着など、カラダをあまりに締め付ける下着は、神経を損傷させて身につけている人の健康を脅かす可能性があります。

気になる
スキニージーンズの履き方は?

この研究はあくまで、ある一人の女性のケースに基づいて行われたもの。研究結果を確かなものにするためには、さらに詳しい調査をする必要があります。

私個人としては、スキニージーンズを長時間履くと、ふくらはぎと足首に痛みを感じた経験があります。タイトなスキニージーンズは、カラダの循環に悪影響を及ぼすかもしれません。より着心地のいいストレッチが効いたスキニージーンズを履く方がいいでしょう。また、あまり長い時間履き続けないように気をつけなければいけませんね。

Licensed material used with permission by Collective Evolution

関連記事リンク(外部サイト)

男性が1日ハイヒールを履いて、生活してみたら・・・悶絶する結果に
ランニングやジム通いよりも、「ダンス」がストレスに効く理由
【衝撃動画】プラスチックを食べるプランクトン。ポイ捨てしたゴミが、人間に戻ってくる証拠がここに・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP