ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私たちの知らない空の絶景!?ドローンのフォトコンテスト作品が美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近頃何かと世間を騒がせている“ドローン”だが、写真や動画の世界に革命をもたらしてくれるということは、誰もが認めるところ。

ドローン写真/動画の投稿サイト「dronestagram」では、その成果を集めたコンテスト「Drone Aerial Photography Contest」が開催され、あまりの美しさに話題を集めている。

ナショナルジオグラフィックやAdobeなど名だたる企業がスポンサーとなり、早くも今後の発展を期待させるこのコンテスト。

審査方法は、ピューリッツァー賞受賞者などプロ審査によるカテゴリー別部門と、サイト内のいいね!数によるランキングとなっており、いずれもかなりハイレベル。

およそ5000の応募数の中から選ばれた受賞作品を一部ご紹介しよう!

・Above the mist(Placesカテゴリー:1位、いいね!数:1位)

今回のコンテストでW受賞となった作品。

大都市の上空に広がる壮大な世界を切り取った1枚で、霧の中から浮き出た十字架が神々しい!

・Snorkeling with sharks(Natureカテゴリー:1位)

ターコイズブルーの海をゆったりとシュノーケリングするカップルと、2人を見守るような小型のサメたち。

水の煌めきも美しく、静寂に心癒やされる1枚だ。

・Mont-Saint-Michel(Placesカテゴリー:2位)

遠くに見えるのは、観光地としても名高いフランスのモン・サン=ミシェル。

緑の大地とほのかに色づいた雲のコントラストも美しい。

・la jolla(Natureカテゴリー:2位)

カリフォルニア・サンディエゴで開催された遠泳レースの模様。

選手たちが海へと急ぐスタート時を写した作品で、人々の熱気が伝わってくるよう。

・Tulip fileds(Natureカテゴリー:3位)

オランダのチューリップ畑を撮影した1枚。

直線的な畝と運河の曲線、色とりどりの花々と緑一色のエリアのコントラストなど、構図の美しさにはっとさせられる。

・Lost island, Tahaa, French Polynesia(Natureカテゴリー:3位)

小さな島で夕日を待つ4人を撮影した1枚だが、偶然にも背後ではにわか雨が降り、虹が!

・Where’s Wally, Limassol Carnaval(Droniesカテゴリー:1位)

日本でもおなじみ「ウォーリーを探せ!」の主人公に扮した人々が集うカーニバルの様子。

Dronieとはドローンを使ったセルフィー(自撮り)のことで、みんなのハッピーオーラが伝わってくる。

・Plovdiv, Bulgariaいいね!数:2位)

古い街並みが広がる美しい夜景に現れた大きな「?」マーク。

ドローンだからこそ撮影できた1枚で、これは何?と話題を呼んだ。

・ドローン作品をじっくり楽しめる「dronestagram」

dronestagram」は、名前の通りInstagramのドローン限定版といったところで、作品をアップロードしたり、気に入ったアカウントをフォローすることも可能。

鳥になって世界中を旅する…そんな幸せな気分を味わえる作品ばかりなので、ぜひ週末にじっくりと鑑賞してみて。

dronestagram
http://www.dronestagr.am/
2015 DRONE AERIAL PHOTOGRAPHY CONTEST
http://www.dronestagr.am/contest/

写真(まとめ)
ドローン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP