ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人も夢中になるロボット作り 子供の課題解決力にもプラス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長いようで短い夏休み。たっぷりの宿題の中でも、とりわけ難敵なのは“自由研究”といった形の工作やレポートの類ではないだろうか。昨今は「21世紀型」教育として、知識を詰め込む暗記タイプの勉強よりも、問題の説き方や創意工夫など、課題解決力が重視される傾向へと変化してきた。そうした流れにフィットする素材のひとつとして、ロボット工作が挙げられる。子供のみならず、大人も夢中になるロボット作りのワークショップを取材した。

「ファブボット『かんなちゃん』をつくろう!」が開催されたのは、品川区にあるデジタル・ファブリケーション工房のat.Fab(アトファブ)。ちなみに『ファブボット』とは、東京都市大学小池研究室で開発されたソーシャル・ロボット『マグボット』をファブラボ関内のプロジェクトとして、ダウンサイズし改変したもの。当日は定員いっぱいの6組7名が参加したが、ほとんどが「ロボット製作は初めて」や「初めてのハンダ付けです」という大人たちだ。そのため基礎的なコツなどを交え、丁寧に解説・サポートしながら進んでいく。

 ハンダ付けでは「鉛筆を持つように握って」「背が高いものから付けていくと浮いちゃうので、低いものから付けた方がいいですよ」など、アドバイスを受けながら夢中になっている姿を見ていると、工作――モノを作る楽しさが伝わってくる。

 そんな中、着々と工程を進めていくのは最年少参加者の中学1年生・バッキーくん。システムエンジニアの父親とペアで参加した彼は、ハンダ付けは初体験ながら小学4年生からロボット作りに興味を持ち、『Robi』を1人で組み上げたことがあるなど、最年少にして1番の経験者。大人たちがネジ留めや構造把握に手間取る中、解説の図にザッと目を通し、まさにサクサクという感じの手際の良さで配線を進める。

 ロボットを動かすプログラムは、Scratch(スクラッチ)と呼ばれるビジュアル・プログラミング環境で、動作が予め設定されたブロックを組み立てるようにプログラムを進められる。プログラミングの知識があまりなくても、気軽にアプローチできる仕組みだ。このパートでは本職であるシステムエンジニアの父親と共に動きを確認しつつ、ロボットがスムーズに動くよう調整するなど、ブラッシュアップするあたりは“さすが経験者”である。

 大人たちよりスムーズに組み上げる姿に、将来ロボット関連の仕事に就きたいかを聞いてみると、「こういうのを仕事にするって意向は、特にないです」と、あくまで楽しんでいる趣味のひとつだと語る。学校では吹奏楽部に所属し、「プラモデル作りも好きだけど、1番楽しいのはゲームをしている時」というのは、普通の中学1年生らしい。

 しかし、“何をどうすれば動くのか?”“どこまで改変しても、動作に影響がないか?”など、構造や仕組みを理解・把握しないと難しいと思われる部分に、臆することなく手が動く様子には、頼もしい雰囲気を感じさせる。こうしたことからもロボット作りと、「21世紀型」教育が求める要素の親和性は、高いといえそうだ。

 直近、at.Fabでの同ワークショップは8月22日(土)の予定だが、既に開催告知前から多くの問い合わせが寄せられているという。同所を運営する濱中直樹さんは、公共施設や住宅などを設計する建築士だが、本職と並行してデジタル・ファブリケーションの工房を持ちたいと考え、適したロケーションを求めて長年事務所を構えていた四谷から、都営浅草線・東急大井町線の中延駅からほど近いスペースへ移転した。

「この工房は“たのしいくらしをつくる。”をキャッチフレーズにしています。“モノ作り”自体も楽しいし、自分で作ったモノを“使って暮らす”楽しさもあります。また、普段の生活の中でモノ作りを楽しんでもらいたい――そのため工房を開くにあたっては、路面で気軽に入れることや暮らしに密着した場所にしたいと考えていました。

 このワークショップで作るのは『ファブボット』で、暮らしに直接関わるものに感じられないかもしれませんが、マイコンを積んでいるのでさまざまなセンサーを活用でき、モノ作りの基礎をあれこれ体験できます。普段から窓辺に置いているのですが、動いていなくてもロボットだとわかるようで、お子さま連れの方など声をかけられることも多くなりました。先入観なしに興味を持ってもらえるのは嬉しいですね。

 ロボット作りというと難しく思われるかもしれませんが、日本国内でもアフタースクールの教材として、採用されるケースも増えてきました。最年少だと小学一年生から、取り組んでいる例もあります。最近注目を浴びているScience・Technology・Engineering・Mathematicsの4分野に注力するSTEMや、Artを加えたSTEAMといった教育プログラムのひとつとして、こうしたものに子供たちが触れる機会は、今後ますます増えていくと思います」(濱中さん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏の旅行「祖父母の孫旅」が増加 美術館や博物館巡りが人気
少子化の今 リクルートがチャレンジする新たな教育ビジネス
3人息子を京大合格させたオヤジ 和尚や作家らを家庭教師に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP