ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手漉き和紙で火薬を包んだ「線香花火 筒井時正」は5400円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の夜空に大きく開く花火もいいが、小さな花を咲かせて儚く散る線香花火にもまた風情がある。

 安価な中国産におされ、製造業者が廃業に追い込まれる中、今も線香花火を作り続けているのが、福岡県にある筒井時正玩具花火製造所。子供向けの玩具花火の製造を80年以上続ける老舗だ。ただし、線香花火の製造は15年前から。

「今から18年前、国内唯一の線香花火製造所の廃業が決まりました。その時、“国産の線香花火の火を消したくない”と思い、製造技術を継承するため修業させていただき、廃業と同時にすべてを引き継がせていただきました」

 3代目・筒井良太さんはそう語る。現在は、職人を育成しながら、『スボ手牡丹』、『長手牡丹』という2種類の線香花火を制作している。2011年には、とことん素材にこだわった新感覚の『線香花火 筒井時正』(5400円)を立ち上げた。

 材料はもちろん国産。火薬には、宮崎産の火花を起こすのに重要な松煙と、発火と燃焼を助ける硝石、火球の役割を果たす硫黄を使用している。火薬を包むのは、福岡県八女産の手漉き和紙だ。

「紙の厚み、目の細かさによって火の回りかたが変わります。八女の手漉き和紙は、火の勢いをスムーズに伝えてくれるんです。線香花火はとても繊細。職人の縒り方、火薬の量、気象条件によっても違う表情を見せるんですよ」

 四季をイメージして淡く、やさしい色に染め上げた和紙に包んだ「蕾」と、持ち手部分を花びらのように仕上げて束ねた「花」は、火をつける前から美しい。 ワインと同様、線香花火も“熟成”によって味わいが深まるのだとか。

 時を経た線香花火はどこかやわらかく、温かみのある火花を散らす。その様子を、この夏、家族団らんのひと時、楽しんでみてはどうだろう。

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
風水師「線香花火は金運上げる。長く燃やし続けるとなお良い」
新潟・長岡市 直江兼続の「愛」がテーマのスターマイン花火
全国大会総なめの“究極の花火” 製作不可能といわれていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP