ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

終焉後の世界を巨大グラフィティで描く 仏アーティストが麻布で展覧会

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
終焉後の世界を巨大グラフィティで描く 仏アーティストが麻布で展覧会

制作風景 / “BLAS”, 2015 Oil, acrylic painting, spray cans on canvas Courtesy Kaikai Kiki Co., Ltd
8月7日(金)から29日(土)に渡って、フランス人若手グラフィティアーティストのZOER(ゾエール)さんとVELVET(ベルベット)さんの展覧会「BLAS」が、東京・元麻布のカイカイキキギャラリーにて開催される。

フランス人若手アーティストが描き出す、終焉後の「新たな世界」

2015年4月、ZOERさんとVELVETさんは、既存の文脈に囚われない世界のアーティストを中野ブロードウェイ内にあるカイカイキキのギャラリー・Zingaroに招聘する「GEISAI∞infinity」の第3弾アーティストとして、展覧会「L’ETAT LIMITE / 極限状態」を行った。

今回行われる展覧会のタイトル「BLAS」は、「blasphemy(神への不敬、冒涜)」という言葉に由来。

ヨーロッパにおいて非常に深刻な問題となっている移民/難民宗教人種差別。そして、現実的な事象が単なる写真や情報として処理されてしまうという現代社会の問題を土台に制作。

カイカイキキギャラリーの壁3面に張り込まれた巨大なキャンバスに向き合い、1ヶ月間日本に滞在して同ギャラリー史上最大となる作品を制作。「全てを失った終焉後の世界とは一体どのようなものであるのか」をテーマに描いていくという。

引用元

終焉後の世界を巨大グラフィティで描く 仏アーティストが麻布で展覧会

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。