体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今、大注目の「アボカドスイーツ」基本技を紹介!これだけ覚えておけば、アレンジは自由自在

avocadosweets

アボカドの美容・健康効果は誰もが認めるところ。アレンジ次第で、いくらでもオリジナルレシピができてしまいます。「WonderHowTo」でライターBrady Klopfer氏が紹介するスイーツレシピは、濃厚でリッチなアボカドの滑らかさを最大限に活かしたもの。そうそう、アボカドのカロリーって、生クリームの約半分なんですよ。美味しくてヘルシー、もう言うことなし!

635719623696928967

すでに、みんなアボカドの魅力をよく分かっているはず。ワカモレにサラダにサンドイッチ…どんな味に調理されたって、主役はアボカド。あまり知られていないかもしれないけれど、この果物は、デザートとしても最高に美味しい食材なんですよ。コレを読んだら是非、あなたも作ってみてください。アボカドの魔力を改めて思い知らされるはずだから。ハチミツやアガベシロップ、もしくはメープルシロップの甘さを、濃厚でクリーミーなアボカドに加えた最高のデザート。もちろん、栄養も満点です。

ヘルシーだけじゃない
手間も時間も短縮!

健康上の利点を考えアボカドを使うことで、罪悪感の少ないデザートが作れます。菜食主義の「ビーガン」デザートよりも、こっちの方がよっぽど美味しいはず。
だって、卵・牛乳・バターを使わないビーガンのためのスイーツといったら、ドライフルーツみたいに乾燥したものや、シリアルバーのようにぎゅっと詰まった歯ごたえのものばかりで、なんとなく物足りなさを感じますよね。でも、アボカドを使うことで、独特のクリーミーさが生まれ、私たちの知っている、いわゆるデザートと変わらない食感になるんだから。

他にもアボカドを代用する利点があります。それは、時間を短縮できること。さらには、手間を省いて調理を簡単にできること。卵と違ってアボカドは加熱したり、泡立てたり、下準備をする必要がほとんどありません。もちろん、バターみたいに溶かす手間もなし。

食感を楽しむには
シンプルにこだわること

635719623460347825

どのスイーツを作るかによっても素材は変わりますが、アボカドの風味を残したいのであれば、シンプルなレシピにして、みずみずしい味わいをたのしむことも。私のおすすめは、あえてごろっとした食感を残して楽しんだり、もしくはクリーミーさを活かして楽しむこと。チョコレートやライムなどのパンチの効いた味を追加しても◎。

アボカドを
デザートに使う方法

635719623113914714

アボカドをデザートに使うのはいたって簡単。まずはプリンやパイからはじめて見ましょう。料理サイトを見ればアボカドの分かりやすいレシピもありますよ。もしくは、あなたのお気に入りをみつけて、そのスイーツにアボカドをとにかく加えてみること。
サイズ感とクリーミーさこそ命。まずはアボカドを知ることから。とにかく完全に熟したものを使うこと。他には何も差がありません。ちょっぴり古めのアボカドを使えば、ヘンテコな味になるし、まだ熟しきっていないモノを使うと、クリーミーさは得られません。

 ステップ1
材料を撹拌する

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。