ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これはおもしろ根付!蛸壺に隠れているのはとても縁起の良いあ・の・ひ・と

DATE:
  • ガジェット通信を≫

江戸時代に煙草入れや印籠、巾着などを帯から吊るすために使われていた留め具のことを根付と言います。江戸時代当時は多種多様な根付が作られ、現在ではコレクターも多く骨董市などでは人気のアイテムになっています。

今回紹介するのはなかなかユニークなギミックが施された根付なんです。蛸壺からタコの頭が見えています。ですが、横にあるヒトデを回転させると…。

実は、福禄寿が出てくる仕掛けになっています。インパクトのあるビジュアルにドッキリ!福禄寿は七福神のうちのひとつで、幸福・財産・長寿の神様。持っているだけで縁起の良い根付ですよね。

こちらはジュエリーなどを制作している罠兎さんが作った、『福禄寿 あたまのたわむれ 』。歌川国芳の戯画「福禄寿あたまのたわむれ」をモチーフにした現代根付になっています。根付を金工の技術を駆使して、ユーモラスな作品に仕上げています。

作品の全長は3~5cm。この中に仕込まれたギミックがあるなんて驚きですね!

罠兎(WANAUSAGI)

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

歌川国芳の描く「エイ」。こういうのも描いてたんですね。
まさに江戸時代のマンガ!浮世絵「化物忠臣蔵」がユーモアあり毒ありでオモシロ!
猫ちゃんファン歓喜!江戸の猫ブームからみるネコ好きの普遍性「いつだって猫展」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP