ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンジェリーナ・ジョリーがカンボジア人大虐殺を描く衝撃作をNetflixで独占配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女優だけでなく監督としても評価の高いアンジェリーナ・ジョリーだが、最新監督作が世界最大のインターネット映像配信ネットワークを提供するNetflixで独占配信されることが発表された。

これはカンボジア人作家で人権活動家のロウン・ウン作の感動手記「ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー:ドーター・オブ・カンボジア・リメンバーズ(原題) 」を映画化するもので、ロウン・ウン氏との共同脚本で同作を監督するアンジーは、アカデミー賞最優秀外国語映画賞にノミネートされた『ザ・ミッシング・ピクチャー』でも世界的に有名な、カンボジア人監督およびプロデューサーであるリティー・パニュと共にプロデューサーも努めるという。

1975年、ロウン・ウン氏が5才の時にクメール・ルージュ政党がカンボジア政権を握り、それから4年間で200万人近くのカンボジア人大虐殺で知られる恐怖の独裁政治が続いた。プノンペンの実家から強制的に孤児専用の労働所に送られたウン氏は、そこで児童兵として訓練される一方、6人の兄弟が強制収容所送りとなったという。戦争を生き抜いたウン氏は本作を執筆、2000年に初出版。同作を10年以上前に読んだアンジーがウン氏に連絡を取り、そこから交流が始まったのがきっかけで、2人は同作を脚本化。

「私はロウンの本に大きな感銘を受けました。子供がどのように戦争を体験し、心にどのような傷を負ってしまうか、その意味を永遠に私の心に刻んだのです。また、私の息子の祖国でもあるカンボジアの人達とのつながりも、彼女のおかげでさらに深めることができました。この本を映画化できることは私の夢でもありましたし、ロウンやリティー・パニュ監督と共同製作できることを大変光栄に思います」とアンジーはコメント。
またNetflixと提携した理由についても「このような映画は向き合うことが難しく、思わず目を背けてしまいがちですが、観ることは非常に重要なのです。また、実際の製作も困難を極めます。これらを可能にするのがNetflixでした。彼らとの提携を通して本作を製作できること、また、彼らを通じて多くの視聴者に届けられることを大変楽しみにしています」と語っている。

カンボジア出身のアンジーの長男マドックスも、本作の製作に関わる予定だそうだ。本作は、2015年下半期に製作を開始、2016年にNetflixで全世界配信されると共に、主要な映画祭にも出品を予定している。

(C)Netflix. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

アンジェリーナ・ジョリーがカンボジア人大虐殺を描く衝撃作をNetflixで独占配信
トム・クルーズ、ノースタントの超危険バイクアクション&ドリフトがインポッシブルすぎる
ヒトラー暗殺はオレがやる!ドイツが封印した衝撃実話『ヒトラー暗殺、13分の誤算』
火だるまになったサーファーの「炎の水上サーフィン」がスゴすぎると話題に【動画】
ウォータースライダーをGoPro装着して高速滑降するとスゴいことになる【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP