ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブレイク中のイルマニア「影響力のある事務所に入りたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本テレビ系バラエティー番組『月曜から夜ふかし』の街頭インタビューに登場したことをきっかけに大ブレイクを果たした“パーティーピーポー”「イルマニア」。埼玉入間市の4人組ヒップホップ集団だった彼らだが、近頃は日本全国のイベントに呼ばれ、各地を飛び回っているという。そんなイルマニアのスポークスマンであるMCMA(エムシーマ・30才)に、売れっ子となった現在について話を聞いた。
 
──「イルマニア」はどうやって結成されたんですか?

MCMA:元々は10年前から地元入間の音楽好きが集まって結成されたヒップホップクルーなんだけど、今の「イルマニア」は実は全然違うメンバーなんですよ。『月曜から夜ふかし』のロケがあったとき、たまたまいっしょに由比ヶ浜に行ってたメンバーで、それがそのまま「イルマニア」になったっていう流れですね。

──みなさん、お仕事は?

MCMA:みんなしてますよ。ぼくは廃品回収をしてます。平日は普通の仕事をして、週末に「イルマニア」としてイベントに出るっていう感じです。今年の夏はすげえたくさんイベントに呼ばれてますよ。フェス、祭り、フェス、フェスて感じで9月くらいまでいっぱいで、今年はもう遊べなくてもしょうがないかなって。シルバーウィークも宮崎と鹿児島のイベントが入りましたね。

──放送後、ここまで反響があると思っていましたか?

MCMA:なめてましたね。酔っ払って取材を受けたので、何を話したかも覚えてないし。オンエアーのときは「どうせ一瞬だろ」って思って飯を食べに行ってたら、放送が始まった瞬間に「出てるよ!」って携帯が鳴りまくって。で、その後の放送で、ツイッターで呼びかけてハロウィンパーティーに何人くらいくるかっていう企画をやったら、300人くらいだったフォロワーが一気に3万7000人くらいになって、ビビりましたね。

──着ボイスも人気ですよね。

MCMA:ドワンゴさんで着ボイスを出したんですけど、1位から11位までを俺らが独占したんですよ。これは自分でも凄いと思った。

──収益もすごかったのでは?

MCMA:いや、そんなたいしたことはないと思います。お金よりも、名誉のほうが大きい。ふなっしー以来のチャート独占だったみたいなんで。

──今、マネジメントはどうしてるんですか?

MCMA:どこにも頼んでないです。全部自分たちで回してます。正直な話、ある程度大きい事務所とか、影響力のある事務所に入りたいですね。

──すでに芸能事務所から声がかかっているんじゃないですか?

MCMA:まあ、ちょこちょこありますね。2、3社くらいかな。でも「イルマニア」4人で決めることなんで、全員が納得したところに入りたいなと。なので、今はまだ悩み中という感じです。

──実際問題として、いま儲かっていますか?

MCMA:まあ、そこそこ。LINEスタンプを出したんですけど、これがいい感じに売れたので。あとはミックスCDとか、グッズなんかも出して、それもいい感じです。あと、やっぱり大きいのはイベントですよ。結婚式とか、忘年会とかにも呼ばれるんで。

──生活もリッチになりましたか?

MCMA:多少はほしいものが買えるようになりましたね。3万円のリュックを買ってたのが、30万円のものになったりとか。自分にご褒美をあげられるようになりましたよ。

──イルマニアとしてかなり充実してそうですね。

MCMA:いやあ楽しいですよ。歌うのも好きだし、キャーキャー言われるのも嬉しいし、何ひとつ文句ない感じ。ただ、ヘタなことはできなくなったので、言動、行動に気を使うようになりましたね。それこそ口調なんかもちゃんとしなきゃいけないですしね。

撮影■下重修


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
40代の軍事マニア男 駅のトイレでアーミー服に着替える
日本人はフェアレディZをポルシェの半値で買えることを誇れ
徳大寺有恒氏 芸術の街で1500万円のベントレー買った過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。