ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

娘がゴルフプロ合格した母「小中学時代は年約200万かかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 幼少期からスポーツのエリート教育は珍しくなくなった。プロゴルファーを育てるには、いくらかかるのかについて、ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 女子プロゴルファーの横峯さくらがデビューして間もない2005年、“さくらパパ”として人気者となっていた父・良郎氏に密着したことがあった。鹿児島の片田舎に、私財1500万円を投じて作ったという練習場「めだかクラブ」を案内してもらいながら、彼の言葉に妙に納得したことを覚えている。

「学のないオレの娘だから、スポーツで飯が食えるように育てたかった。女が大金を稼げるプロスポーツはゴルフぐらいやろ。もちろん、プロになれる保証なんてなかった。今思えば、博打だったよな」

 良郎氏はプロを目指した3姉妹の練習代を稼ぐために、複数の弁当屋や居酒屋を経営し、練習場を作る際には自宅まで売り払った。さくらが明徳義塾高校に通っていた頃は、マイクロバスをキャンピングカーに改造し、移動費や滞在費を浮かせながらプロのトーナメントに参戦していた。3姉妹は長女とさくらがプロになったが、かかった金額は5000万円を優に超えた。

 息子や娘をプロアスリートに育てるそれは親が子の将来に対して行う投資であり、その成功率の低さからすれば確かに博打だ。

 家族の金銭的負担が大きいゴルフは、プレーする上で必要なギア(道具)の数からして他のスポーツを圧倒する。ウッド、アイアン、パターに、それを収納するゴルフバッグ。コースに出るためにはプレーフィーを払い、ボールやティーなども用意しなくてはならない。子供用のクラブセットは安価なもので1万円程度だが、成長著しいだけに買い換える頻度は大人より多い。

 部活動で行っている学校が少ないため、練習場や指導者も個人で見つけなければならない。バブルの崩壊後、ジュニアを受け入れるゴルフ場(コース)が増えたといっても、一日数千円はかかってしまう。さらにレッスンプロに個人指導を受ける場合は、90分1万5000円ぐらいが相場か。

 2年前に娘がプロテストに合格した福島県の母親がいう。

「練習ラウンドを含めて1回の遠征で30万円近くかかります。小中学時代は、年に約200万円ほどかかりました。子どもの成長を考えれば、可能な限り大会には出場させてあげたい。でもそれが家計には大きな負担です」

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去
“ゴルフ界の安藤美姫” 斉藤愛璃ほか「今年は新人当たり年」
横峯さくらと練習に励む美人ゴルファー 来季シード権は濃厚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP