ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

創作落語の名手・桂文枝 18年ぶりに古典落語に挑戦した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 無一文の絵師が宿代代わりに旅籠の衝立に描いた雀が、朝日をあびると命を得て飛び立っていく──。今年3月に逝去した上方落語の巨星・三代目桂米朝が得意とした古典落語『抜け雀』である。7月16日、18年ぶりに古典落語に挑んだ六代桂文枝が高座に上げたのが、この噺だった。

 文枝はデビューから49年、今年で72歳になる。桂三枝時代から創作落語の名手として知られ、今春には250作目も披露している。すでに名を成した彼が、なぜ今になって古典に挑むのか。そこには現在の上方落語界に対する危機感があった。

「米朝師匠が亡くなられ、上方の古典落語は死んだとおっしゃる方までいた。それではあまりに悲しい。私は米朝師匠に『あとを頼むぞ』といわれた気がしているんです。以前から春風亭小朝師匠に『古典の面白さを伝えるのも落語家の大切な仕事ですよ』といわれておったことも大きかった。今こそ私がやるべき時や──そう思ったんです」

 古典への再挑戦の端緒に、米朝の当たり芸を選んだのはその思いがあったからこそだ。文枝の先々代(四代目)がかつて米朝に教えた話でもある。

 決して過去の踏襲には留まらない。創作落語作りの経験を活かし、文枝は自分なりの古典作りを始めた。

「オリジナルの舞台は小田原宿。神奈川県ですね。でも上方で演じるため登場人物の言葉は関西弁です。それではちょっと無理がある。だから舞台を枚方宿にしました。ほかにもオリジナルでは絵師の描いた雀の絵に小田原の殿さんが千両の値をつけるんですが、これも紀州の十代目徳川治宝にしました」

 噺がまとまればワープロを使って文字に落とす。仕事の合間に読み直し、これをさらに練り上げていく。この作業は本番直前まで続く。

 関西でデビューしても東京に拠点を移す芸人が多い中、文枝はあくまで上方にこだわっている。2003年には上方落語協会の会長を引き受け、その3年後には落語専門の定席・天満天神繁昌亭をオープン。高座にも定期的に上がり、地元のファンを喜ばせている。

 繁昌亭のほど近くに日本一長いといわれる天神橋筋商店街がある。高座の前、文枝はちょくちょくここを訪れる。

「あら師匠、お元気ですか」

「まぁぼちぼちですなぁ」

 街の人たちの呼びかけに応じる姿には貫禄と愛嬌が同居していた。

 そして繁昌亭に隣接する大阪天満宮に必ず立ち寄り、手を合わせる。

「願い事はもちろん上方落語の発展と繁栄ですな」

 そう語るだけあって後進の育成にも熱心だ。出番前など、時間の空きを見つけては弟子を呼んで稽古をつける。

 文枝を語る上で欠かせないのが、テレビでの活躍だ。この7月、1971年から『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日・朝日放送系)の司会を務め続けたたことで、同一司会者によるトーク番組の最長放送を達成したとしてギネス世界記録に認定された。

「これまで無我夢中でやって来ました。運も実力のうちいいますけど、それだけやったらあかん。運があって努力があって、実力がついてくる。そうした気持ちがないとあかん思いますな」

 そんな努力の上に完成した六代文枝版『抜け雀』。オチもオリジナルとは少し違っているという。

「どう変わっているかって教えろって? んな、あほな。そこはご自身の耳で確かめてください」

◆桂文枝(かつら・ぶんし):1943年、大阪府堺市生まれ。上方落語協会会長。関西大学卒業後に桂小文枝に入門。桂三枝として創作落語の世界を広げる一方、テレビ・ラジオでも活躍。12年に上方落語の大名跡・桂文枝を襲名し、今春に旭日小綬章を受章。8月9日には東京・神保町花月で「桂文枝プロデュース~戀する落語会パートXIV~ギネスの文枝も“笑(しょう)ぶ”する」を公演。

■撮影/江森康之

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
桂文枝氏 46年続いた三枝の名を捨てる決断できた理由を語る
音楽雑誌編集長が書いた「現代落語の基礎知識」10のキーワード
桂米朝の実子・桂米團治 積極的に父をネタにしファン喜ばす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP