ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

後悔する前に、両親に伝えたい8つのメッセージ。「2人は私のヒーローです」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
150725_parents-know

Elite Daily」において、ライターのGigi Engle氏が手遅れになる前に両親に伝えたい8つのことをまとめています。孝行のしたい時分に親はなし、といったことわざもあるように、いつか訪れてしまう日に備え両親への愛や感謝を伝えておくことは大切。
彼女の記事を読めば、忙しい生活の中でつい忘れてしまいがちな思いを、両親に伝えたくなるはずです。

th_shutterstock_61669801

私の両親は、最高の2人。私のすることすべてを肯定し、応援してくれる2人に育てられて幸せです。いつも健康に暮らせるように配慮して、常に愛していると伝えてくれました。心の底から子どものことを思う両親に感謝してもしきれません。

2人のどちらも、私にとっては大切な見本です。お母さんは細かいことを注意しながらいつも支えてくれ、お父さんは私が彼氏と比べてしまうほど魅力的な存在です。実家はシカゴなので、ニューヨークに住んでいると毎日悲しくなることもあります。距離が遠すぎて、自分が家族とつながっていないように感じることも。
両親に死が差し迫った時、私はどうすればいいのでしょうか。彼らを永遠に失ってしまう前に、きちんと思いを伝えていなければ、私は後悔するでしょう。

ここでは遅すぎる前に両親に伝えたい、8つのメッセージをまとめました。

th_shutterstock_268477406

01.
「どんな時も2人のことを思ってる」

どんなに忙しい生活を送っていたとしても、いつも両親のことを考えています。連絡を取ることができなかったとしても、私の心には2人がいます。心の中にいつも両親の存在を感じるのです。

02.
「小さなことすべてに感謝してる」

伝えきれていないかもしれませんが、2人が私のためにしてくれたことに心から感謝しています。言葉にすることを忘れていたとしても、心の中でいつも「ありがとう」と言っています。
お父さんの助けなしに、税金の処理をすることもできなかったし、失恋した時に、お母さんの支えなしで立ち直ることもできませんでした。2人が私のことを世界中の何よりも愛してくれていることを知っています。与えてくれた優しさのすべてが、いまの私をつくっているのです。

03.
「世界中のどんなものより愛してる」

愛していると伝えることは、自分なりに努力はしていてもそれだけでは十分ではないことを知っています。私がどんな道を選んだとしても、常に助けてくれる。実際にそばにいなかったとしても、私が頑張れるのは2人のおかげです。いつも愛しています。

04.
「自分のことは後回しで
私を優先してくれてありがとう」

私のためにどれほど辛い犠牲を払ったか、想像するのも耐えがたいほど。自分のことは後回しで、何かを決断する時は子どもにとってベストなことを考えてくれました。感謝されるかどうかに関わらず、私の人生をより良いものにするために、様々なことを諦めてくれました。2人の愛は、なんと大きいものでしょうか。

05.
「今があるのは2人のおかげ」

th_shutterstock_180684782

2人に育てられ、強い意志と情熱を持った人間に成長したことに感謝しています。
両親の優しさや情熱、思いやりは本当に素晴らしいもの。2人からは人を愛すること、戦うこと、自分自身を信じることを教えてもらいました。違う両親に育てられていたら、今の私はいなかったでしょう。
親としてはもちろん、2人のことを1人の男性、女性として尊敬しています。私が世界で最も尊敬しているのは、両親。迷った時に導いてくれるヒーローのような存在なのです。

06.
「どんなに離れても愛はそのまま」

実家から離れて暮らすのは辛いことですが、私が遠く離れたニューヨークに住んでいても両親への愛は変わりません。よくホームシックに陥りますし、もっと実家の近くに住みたいと考えることもあります。寂しいですが、私が夢を追うことを応援してくれることは知っています。

07.
「2人は私のヒーロー
何があっても強く生きます」

両親はいつかいなくなってしまう、という事実に向き合わなければいけないことは知っています。いつの日か、彼らなしで生活しなければいけないことも。2人を失う悪夢を見ることも、しばしば。2人が私にとってどれだけ大切な存在か知って欲しいのです。
ただ両親がいなくなっても、私は一人で生きていく強さがあることは分かってください。

08.
「もしものことがあっても
いつも心の中にいます」

th_shutterstock_137461541

亡くなってしまったとしても、両親はいつも私のそばにいます。肉体的な存在はなかったとしても、心の中にはいつも2人がいるのです。
どんなに些細なことでも、両親がしてくれたことを覚えています。心の中に思い出をとっておくことは、いつか訪れる日に向けた準備なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

意外と忘れがち。3歳の愛娘が教えてくれた「人生を楽しむ10のコツ」
ネガティブな心から脱却するために、絶対に意識するべき「10のこと」
アナタとの関係を「遊び」と思ってる8つのサイン。一つでも当てはまったら要注意!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。