体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画あり】『48th Sony Aquarium』で美ら海と出会おう!~銀座・ソニービル~

01

東京都中央区銀座にあるソニービルは7月24日から9月6日まで、沖縄美ら海水族館の監修による「48th Sony Aquarium」を開催するのに先立ち、各種催しと除幕式を報道関係者に公開した。

02

同ビルには巨大な告知看板が掲げられ、沖縄の美しい海を体験できることを予感させる。

03

まずは、8階OPUSに設置された巨大画面4Kで収録された等身大のジンベエザメ等の美しい映像と、最近流行のハイレゾ音源で体感できるシアターを見てみよう。
巨大すぎて写真1枚では収まり切れないので、6枚の写真を合成して1枚にしたのだが、大きさがお分かりいただけるだろうか。

IMG_1807_R

実際の大きさは横7.6メートル、縦2.7メートル。

IMG_1810_R

写真ではその3分の1ほどしか撮影ができない。

IMG_1822_R

それでもこの迫力。この3倍の等身大動画が目の前を動き回るのだから、想像を絶するものとなる。

IMG_1826_R

4K収録と一口に言っても、実感がない。少しだけわかりやすく言うと、家庭で見ることのできるフルHD画像の4倍以上の情報量があるということだ。

IMG_1837_R

だからジンベイザメの等身大でも、にじみひとつない鮮明な画像を得ることができる。

IMG_1840_R

またハイレゾ音源とは、一般的なCDやCDのマスター収録に使用されるDATよりも細かく音を符号化して記録しているということ。

IMG_1844_R

実際に人間の耳には聞こえない音も、聞こえないだけで実際に音は存在している。聞こえない音はカットした方が情報量は少なくて済む。

IMG_1850_R

そのような音もカットせずにより細かく全部符号化して、かつ再生できるスピーカーシステムがあれば、聞こえなくても澄んだ広がりのある音場を再現できる。

IMG_1854_R

もうこれは感覚で聞くしかないというレベルだが、実際に聞いてみると違いが分かったような気がするから不思議だ。

IMG_1871_R

これらの写真は動画再生中に撮影したものだが、まるで本物を目の前で撮影したかのような仕上がりになる。

IMG_1922_R

テレビを写真に撮ってもこうはならない。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。