ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリンピック選手も絶賛!本場の「アフリカ料理」を食す!@『SAFARI AFRICAN』赤坂

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は赤坂にあるアフリカ料理専門店の『SAFARI AFRICAN』を紹介してみましょう。

さしてアフリカを知らない筆者ですが、果たして『SAFARI AFRICAN』の出すアフリカ料理とは、どんな料理なのでしょうか? 筆者も興味津々です。今回も『LINEグルメ予約』でサクっと予約し、万全を期して赤坂のSAFARI AFRICANに訪れました。都内まで行って入店出来ないと悲しいので、最近はもっぱら『LINEグルメ予約』に頼りっぱなしの筆者です。

夜定食やハッピーアワーがお得な『SAFARI AFRICAN』

『SAFARI AFRICAN』にはランチの他にも夜定食なるセットメニューがあり、コチラは非常にお得なメニューとなっております。メインの他にも何点か料理が付くので、色々と食べてみたい人には、おすすめのメニューになっております。しかも『夜定食』を頼むと、最初のドリンク(お酒)が、なんと“350円”で飲めるので、会社の帰りに晩飯がてら一杯やるには、最高のセットメニューと言えるでしょう。

他にも“ハッピーアワー”があり、17時~19時30分まではリストにあるアルコール類が“500円”で飲めるのです。なので夜定食を軸に組み立てれば、3000円もあればチョイ飲みが可能です!これは“赤坂”と言うロケーションを考えた場合、非常にリーズナブルであると言えるでしょう。

『アニマル定食』と『チキンケーケ定食』

基本的でも応用的でも“アフリカ料理”に関しては一切の知識を持たない筆者ですが、やはりアフリカと言えば

「アニマル的な何か」

がキーワードかと存じます。なので、そのまま夜定食の『アニマル定食』(1800円)をオーダーしてみました。

アニマル定食の中身は、ダチョウのたたき、ワニの唐揚げ、カンガルーの唐揚げ、そして西アフリカ料理の『ジョロフ』(野菜ソースのリゾット風)になります。これをオーダーすれば、“ホロホロ鳥”以外は制覇出来るので、筆者的にイチオシの夜定食メニューです。

他に気になった『チキンケーケ定食』(1200円)も食べてみました。こちらはの夜定食は、ビーンズサラダ、ビーンズサンブーサ、チキンケーケ(チキンのゴマソース風味)ライスとなっております。『チキンケーケ』を食べた瞬間、“棒棒鶏(バンバンジー)”が少し思い浮かびました。これは日本人にも馴染みやすい味付けです。アフリカ料理の味付けを、違和感なく受け入れる事が出来たのは意外でした。もっと凄いのが来ると思っていたのですが“胡麻”や“香辛料”を上手く使って、辛さと甘さをコントロールしている感じです。

コチラの『ビーンズサラダ』は、油をほとんど使っておらず、酸味で食べるサラダなのでカロリーも低いです。肉も油も無いので物足りないかと思ったのですが、レンズ豆のコクが肉の役割を果たしているので、物足りなさは皆無です。これはちょっと、家でも真似して作ってみたいサラダですね。

『ダチョウのたたき』

そしてアフリカ的な鳥と言えば、“ダチョウ”かと存じます。むしろ筆者は他に、“フラミンゴ”くらいしか知りません。そんな“ダチョウ”ですが、最近はちょいちょい日本の居酒屋さんでも、メニューに載っていたりするので、食べた事があるかないかと言えば、食べた事がある筆者です。しかし! このSAFARI AFRICANのメニュー『ダチョウのたたき』は特別です。どこら辺が特別なのかと言うと

「甘辛いセサミソースがかかっている」

という所です。このSAFARI AFRICANオリジナルのアフリカ的なソースが『ダチョウのたたき』に合うんですよ。胡麻の甘さとコクが、淡泊な味のダチョウ肉の旨さを引き立てています。今までは、“醤油&わさび”でしか食べた事が無かった筆者ですが、このソースで食べた方が美味しいと思いました。

『カンガルーの唐揚げ』&『ワニの唐揚げ』

写真は『カンガルーの唐揚げ』で、いわゆるフライ料理です。日本の場合は“フライ料理”と言うと、素材(具)の美味しさを味わう方向ですが、アフリカのフライは

「衣の美味しさも味わう」

みたいな感じです。なので衣のボリュームがあると言うか、衣が厚いフライになっています。ちなみに、“フライの衣”自体にも、ちょいちょい味付けがしてあるので、そんなにモッサリ感はありません。そして『カンガルーの唐揚げ』の味ですが、おおむねカンガルーの味がします。いや、この肉は他に例えるのが難しい感じですね……。

『ワニの唐揚げ』は白身で淡泊、動物と言うよりは、むしろ“魚的な何か”に近いと思いました。どちらも定食以外に単品でオーダー出来るので『SAFARI AFRICAN』に訪れた際は、これらの珍しい肉料理のも試して欲しいですね。

『ビーンズサンブーサ』

そしてアフリカ料理と言えば『ビーンズサンブーサ』です。筆者も知らなかった料理ですが、レンズ豆を香辛料で味付けし煮込んだ物を、小麦粉を練った生地で包んで揚げた食べ物です。

これは、なかなかイケてますね。お酒のツマミとしても優秀でビールと良く合います。味付けはシンプルなのですが、そこが逆に“レンズ豆”の美味しさを引き出している料理です。

『ビーフサンブーサ』

その名の通り、豆の変わりに牛肉を使ったサンブーサ(サモサ)です。肉は挽肉ではなく牛肉のスライスで、シンプルながらも美味しいですね。

『ブリック』

見た目、大きな揚げ餃子ですが、チュニジアを代表する料理です。味付けされたツナ、卵、玉葱、チーズが入っていて、中の半熟卵が溶けたチーズと絡みます。

この『ブリック』はSAFARI AFRICANでも人気メニューのひとつだそうで、日本人にも馴染みやすい料理かと思います。

『ドロワット』

『SAFARI AFRICAN』の名物料理のひとつで、超本格的なエチオピアのカレーです。どのくらい本格的かと言うと、実際に筆者の隣のテーブルで“オリンピック強化選手団”に選ばれたアフリカ人の選手達が『ドロワット』を食べているくらい本格的なエチオピアのカレーです。なんでも普段は国内の大会を転々としているそうですが、たまに戻って来た時には、みんなで『サファリ』のアフリカ料理を食べに来るそうです。

『ドロワット』の味の方ですが、一言で表すなら、

「超絶に辛いカレー」

となります。どのくらい辛いのかと言うと、筆者が食べたここ数年の“辛い食べ物”の中で、ダントツの辛さで御座います。しかし、辛いだけではなく、スパイスの香りや風味があり、いわゆる“カレー”としては凄く美味しいですね。

入っている具は“鶏肉”が確認出来るだけで、日本のカレーのように野菜を沢山入れている様子はありません。野菜の甘さと言うか“丸み”が無いので、その分だけ辛さがドーンと来る感じです。ちなみに本来は、パンと言うかクレープのような“エチオピアの主食”である『インジェラ』で食べるのですが、意外とサラサラ系なカレーに見えたので、食べやすさを考慮して“ライス”にしてみました。

食べ終わった皿を見ると、この『ドロワット』の凄さが分かると思います。

『SAFARI AFRICAN』総評

とにかく本物のアフリカ料理が日本に居ながら味わえる『SAFARI AFRICAN』の存在は貴重です。赤坂と言うロケーションにありながらも、リーズナブルにお酒とアフリカ料理が楽しめます。しかも『SAFARI AFRICAN』には、多種多様なコースや宴会プランがあり、飲み放題やハッピーアワーの設定もあるので、会社や友達との飲み会にも利用しやすいですね。いつもの居酒屋での宴会に飽きたら、時には『サファリ』みたいなオリエンタルな店を選ぶと、刺激になって良いとおもいます。

そして、個人的に気に入ったのが『ドロワット』ですね。アフリカでは、お祝いの時に朝昼夜と『ドロワット』を食べるそうですが、日本ならSAFARI AFRICANに行けば、いつでも食べる事が出来ます。ちなみにSAFARI AFRICANには、このドロワットの2倍辛い『オージャ』と言う料理もあるので、辛いのが好きな人は試してみると良いでしょう。

それでは、是非みなさんも赤坂の『SAFARI AFRICAN』に訪れて、本物のアフリカ料理を楽しんでみて下さい。きっと満足出来ると思いますよ。

『SAFARI AFRICAN』

東京都港区 赤坂3-13-1 ベルズ赤坂2F

ランチ  11:30~14:00
ディナー 17:00~23:30(ラストオーダー22:30)

定休日:日曜祝日(パーティー、団体の予約のみ営業)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP