体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

他人に期待してはいけない「6つのコト」。あなたの幸せのために!

150724_shouldnt-expect

時に、人は周りの「誰か」に期待して行動してしまう。
このことだけを聞いても、ピンとこない人もいるかもしれません。きっと、多くの人が無意識のうちに行動しているから。でも、「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事を読むと、ハッとする項目があるはずです。このタイミングで、いま一度自身の生き方を見直しましょう。

shutterstock_78140050_R

他人からの影響を避ける唯一の方法は、社会への参加を止めること。つまり それは不可能なので、私たちの生活に対する他人の影響は避けられない。
しかし、他人に自分の行動を決めさせるのか、干渉させないかを選択するのは自分次第だ。もちろん、前者が幸せなことのようには聞こえないはず。それでは、そうならないための方法を詳しく見ていこう。

「あなたは、あなた自身の最悪の敵。自分自身と他人に、不可能な完璧を期待することをやめれば、いつもは見逃している幸せを見つけることができる」-Lisa Kleypas, Love in the Afternoon

shutterstock_85860967_R

 01.
他人があなたを
尊重してくれること

「自己認識」は、本当の自分でいるための最も重要な手がかり。自己認識が、あなたに近づき、見て、話をしようとしている人たちを導くことになる。あなたが充分に自分自身を尊重していないなら、他人があなたを尊重することは期待できない。同じように、自分を賞賛していないと、他人もあなたを賞賛しない。能力があり、強く、美しいと証明するために顔色を伺うのはやめるべき。信じられないかもしれないが、あなたは特別な存在。それを疑うことなどない!

02.
自分の考えは
伝わっているはずだと思うこと

shutterstock_169592915_R

自分自身を説明しなかったり、どんな風に接してほしいかを示さなかったために、誰かの行動に失望したことはないだろうか?そうであれば、今こそ他人が自分の心を読めないと認識する時間だ。自分の考えに他人が気づいてくれると期待するのはやめよう。コミュニケーションは、健全な関係と平和への鍵。新しい人に会った時は、駆け引きはやめ、自分の心を話すように。友人との間に問題がある時は、 正直に議論しよう。昇進の時間だと感じた時は、そう明確にし、その価値があると証明する準備を整えよう。もちろん、言葉で伝えるより、感じる必要があることも。状況に合わせて、オープンマインドでアプローチするのだ。
つまり、オープンに自分の考えを共有すると、不快な誤解や複雑さがなくなり、人生がより素晴らしいものになる。

03.
自分の幸せには
「誰か」が必要だということ

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。