ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TK from 凛として時雨がアコースティック編成で恍惚アクト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 TK from 凛として時雨が、7月18日にBillboard Live TOKYO、20日にBillboard Live OSAKAにてそれぞれアコースティックセットによるライブを実施。ドラム、チェロ、ピアノを率いた4人体制によるアクトで、ラグジュアリーな空間に独特の彩りを加える素晴らしいステージを繰り広げた。

 昨年春よりシングル2枚、フルアルバム1枚リリースと精力的な活動を続けてきたTK from 凛として時雨だが、今回の公演は各日とも2ステージを実施。館内BGMが止んでしばらくの静寂が訪れた後、チェリストの村中俊之を引き連れて登場したTKは、凛として時雨の名曲「感覚UFO」を優しいギターの調べと共にスタート。村中は弓を引く雄大な響きと、叩きつけるように奏でるハリのある音を使い分けながら、躁鬱がめくるめく同曲の質感を見事に表現していく。

 また、この日会場ではTK本人リクエストによる2種のオリジナルカクテルも販売されたが、「umeravel」「Fantastic Squash」とそれぞれに自身の曲名をもじったコミカルな名前が付けられた。こうしたTKらしいユーモアを楽しめるのもBillboard Liveならではで、さらにはステージ上でTKがプルシア梅酒のソーダ割り「umeravel」を飲むという、珍しい姿を見ることができたのもファンにとっては大きな思い出となっただろう。

 一方、ステージは音源にも参加している大古晴菜(pf)、そして神谷洵平(dr)が加わった4人体制となり、「Re:automation」「seacret cm」と凛として時雨の楽曲が続いていく。ひとつのハイライトとなったのが「white silence」で、神谷が踏みつける大口径のキックドラムの響きが会場を揺るがす中、ステージ上部に設置された無数のライトがTKに向かって一斉に光を降り注ぐ神々しい演出に。浮遊感のあるサウンドと相まって、何物にも代えがたい恍惚の瞬間を創り上げていた。

 ライブ後半にはアコギのみならずピアノを弾き語りで披露する一幕もあり、非常にシンプルなサウンドを綿密に絡ませて独自の世界観を構築してみせたTKだが、18日の東京公演2部ではアンコールにて盟友 ピエール中野のバースデーを祝福。そして最後はステージ後方の幕が開き、六本木の色鮮やかな夜景をバックに「罪の宝石」「Sergio Echigo」と続けて、TKは笑顔でステージを後にした。

 なお、ソロとしては9月5日に大阪 泉大津フェニックスで開催される【OTODAMA’15~音泉魂~【闘魂編】】へアコースティック編成で出演決定。また、凛として時雨としては9月2日に新たなミニアルバム『es or s』をリリースし、その後は全国ワンマンツアーを行っていくことが発表されている。

◎ミニアルバム『es or s』
2015/09/02 RELEASE
[初回生産限定盤(CD+7inch)]
AICL-2947~8 4000円(tax out.)※数量限定
[通常盤(CDのみ)]
AICL-2949 1850円(tax out.)※初回仕様封入物あり

◎全国ワンマンツアー【凛として時雨 S.O.S. Tour 2015】
9月10日(木) 福岡 DRUM Be-1
9月11日(金) 福岡 DRUM Be-1
9月17日(木) 宮城 仙台 CLUB JUNK BOX
9月18日(金) 宮城 仙台 CLUB JUNK BOX
9月25日(金) 愛知 Zepp Nagoya
9月26日(土) 大阪 Zepp Namba
9月29日(火) 北海道 札幌 PENNY LANE24
10月4日(日) 東京 TOKYO DOME CITY HALL

関連記事リンク(外部サイト)

凛として時雨 2年ぶりワンマンツアー終結、TKの初ビルボードライブなどソロ活動なども続々
Album Review:the telephones『Bye Bye Hello』 活動休止前ラスト・アルバムで改めて提示したバンドの音楽愛
SEKAI NO OWARI、ケイティ・ペリーやジャスティン・ビーバーの立ったステージに日本人初参加

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP