ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動物カフェは日本だけなの?実はあの国では1998年から猫カフェが…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Shihting Lin「子連れ台湾~様々な宿体験

TRiPORTライターのAnnaです。

つぶらな瞳、愛らしい仕草、動物たちは私たちに癒しをもたらしてくれる存在でもあります。しかし様々な問題から「飼いたいけれど飼えない」という人は少なくないでしょう。そんな人におすすめなのが「動物カフェ」。動物と触れ合えるカフェで、最近都心部を中心に増えています。

猫カフェの発祥は台湾?

猫カフェやドッグカフェ、うさぎカフェなど、様々な動物を抱っこし、遊びながら過ごす時間は安らぎをもたらしてくれます。また愛らしい動物たちの表情は見ていて飽きません。写真撮影可の店舗では、カメラもしくはカメラ機能のあるモバイル持参で訪れるのがおすすめ。なかには無線LANが完備されている動物カフェもあり、仕事をしながら過ごす人もいるとか…!

こういった動物カフェは日本だけのものではありません。実は猫カフェが最初にできたのは台湾で、1998年のこと。日本初の猫カフェ誕生が2004年ですから5年以上も前から台湾で営業していたことになります。また、東京などの動物カフェの認知度が高まり、他国でも動物カフェが誕生しつつあります。

イギリスでは猫好きな人が多く、ロンドン東部にイギリス初の猫カフェができました。これをきっかけとして、国内各地で猫カフェが誕生するようになったのだとか。また動物の持つ癒し効果を求める人も多く、ある大学内には曜日限定でウサギと触れ合える動物カフェが開設されるほど人気のようです。他にも子犬と触れ合える部屋が開設された大学もあり、動物カフェの人気はまだまだ衰えそうにありません。

世界の動物カフェ

イギリスの動物カフェは日本のものを参考に開設されていますが、他国のカフェはどうでしょうか。ドッグカフェは店内の犬と触れ合い、遊ぶことのできる店もありますが、ペットの犬を連れて入れる店を指すこともあります。日本のドッグカフェはペットが中心で、犬を連れた客がメインとなることが多いですが、アメリカでは人間のためのカフェで、ペットの犬を連れても大丈夫な店を指すことが多いのです。つまり、アメリカではドッグカフェについての意識が若干違うと思っていたほうがいいのかもしれません。

ちなみに、世界で最初に創業されたといわれる台湾の猫カフェは、「飲食店の中で猫が過ごしている」というような状態。実は食事やお茶を提供するのが目的で創業された普通のお店に、飼っていた猫を連れてきたことがきっかけで猫が増え、それが評判になった結果、猫カフェが誕生したのです。

海外に行ったときにはぜひ動物カフェへ。きっと新たな発見が待っていることでしょう。

ねこ派なら必見!世界の猫博物館4選

ライター:Anna Shimizu
Photo by: «Norie Cat Cafe Cheonan» per Mouselinguist via Wikimedia Commons (license)

台湾の旅行記はこちら

*Shihting Lin「子連れ台湾~様々な宿体験

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP