体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

付き合いをやめるべき人「4タイプ」。不幸を望む人がいる・・・

150724_4-type-no-need

ここで紹介するのは、米メディア「I Heart Intelligence」で話題の人生で付き合うのをやめるべき4つのタイプの人間。ライターのJustin Gammill氏いわく、ある4つのタイプの人間と付き合うと気づかないうちにあなたも不幸に追いやられてしまうのだとか。

th_shutterstock_238100128

賢い男性は、このように言いました。

「男の財産が付き合う人間によって判断されるなら、私は世界中で最も裕福な男だ」

もし人の価値が、付き合う人間によって判断されるならば、とても貧しい人間もいるでしょう。私はよく友だちから、人生において他の人とどう接するべきか質問を受けます。私たちは自分の人生を不幸にするような人をまわりに置いておく必要はないのです(家族など血縁関係にある場合は、そうはいかないかもしれませんが)。悲しいことに、多くの人が相手に気を遣い、義務のように思いずるずると付き合ってしまうのが現状です。
ここで紹介する4つのタイプは、私ができるだけ関わり合いを避けている人たちです。このようなタイプの人間はよくいますから、すでに出会っているかもしれません。

01.
直接言わないけど
実は怒りを抱いている人

th_shutterstock_171638204 (1)

このタイプは、まるで猫のように振るまう人間です。ほとんどの人は彼らの振るまいに対し、「消極的だけど、攻撃的」だと感じていますが、私の言わんとしていることは少し意味が違います。このタイプの人間は怒りを抱いても、すぐには分からないもの。だから、彼らを怒らせてしまったことに気づけません。数週間後、怒りを心の中で溜めこんでから彼らはあなたに報復してくるのです。
相手に対し何か言いたいことがあるのなら、すぐに言うべきです。そうすることで、はじめて問題が解決するのです。知らないところで、長期間怒り続けるのはやめて下さい。猫だって、怒っているならその気持ちを示すために行動するでしょう?

02.
相手を悪い方へと
道連れにする人

th_shutterstock_227369647

相手をひどく怒らせたり、混乱させるタイプの人たち。彼らと一緒に、ボートに乗っていると想像してください。すると彼らは突然ボートから飛び降ります。でも、自分で泳いで助かろうとせず、あなたがボートから飛び降りて助けるのを待っているのです。が、彼らはその助けさえも無視してどんどん下の方へ泳いでいきます。そして、彼らと一緒に道ずれにされてしまうのです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy