ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国の「強い者に従う」メンタリティは生き残る上で仕方ない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国の中国依存は韓国国内でも問題視されるようになっている。それは、わずか20年で対中国の貿易額が50倍にも達し、かつては対貿易額のツートップだった日本と米国を足した額をも上回る点にも見て取れる。また、日韓通貨スワップの代替として位置づけられる中韓通貨スワップ協定も結んでいる。

 この依存についての是非は、ネット掲示板での議論も白熱する。韓国はなぜここまで中国依存を進めるのか。元時事通信ソウル特派員でジャーナリストの室谷克実氏はいう。

「中国と韓国の関係は“蛇ににらまれたカエル”。中国を前にすると韓国は逆らえず、従属してしまう。これはもう理屈ではなく、朝鮮半島の歴史は、大半が中国の属国としての歴史で、『従属』の観念が刷り込まれている。

 それは経済だけでなく外交も同様です。在韓中国大使館の外交官はしょっちゅう韓国の国会議員を呼びつけ、『台湾に行くな』といった内政干渉を行ない、議員もぺこぺこしている。精神的にはすでに植民地状態です」

 14世紀末から約500年にわたって朝鮮半島を支配した李氏朝鮮の歴代国王は中国皇帝から任命され、朝鮮に貨幣の鋳造権はなかった。毎年、中国へは馬や牛、各3000頭に美女3000人を朝貢することも義務づけられ、要するに属国であり、李氏朝鮮は中国の地方政府のようなものだった。

 だから、韓国人の行動様式は「事大主義」(小は大に仕える、強大な勢力には従う)という考え方に染まっている。韓国を見下しているのではない。強大な中国と国境を接する、朝鮮半島の地政学的な事情を考えれば、「強い者に従う」というメンタリティが醸成されるのは、生き残る上で仕方がないのだ。

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国版2ちゃんねる 「中国依存は是か非か」で熱い論争展開
最近の韓国の異常な中国依存 経済的に不可避だが隷属への道
「互いの違い知り相手を尊重」日中韓友好のヒント与える新書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP