ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手のひら返しをする困った「偽装安定型」か否かを見破る方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京未来大学・こども心理学部長の出口保行さんへのお悩み相談。今回は、博多在住の恵吏子さん(29才)から会社の人間関係の悩み相談です。

【相談】
 異動した部署で親切な先輩がいます。その先輩のことを同僚に話したら、「あの先輩、自分の都合が悪くなると、手のひら返しで責任転嫁するから注意して」と言われました。それを聞いてから、やたら優しくしてくれる先輩が怖くて…。ほんとうはどっちなの?

【解説】
 親切で優しい先輩に好感を持っていたのに、同僚の忠告で、疑心暗鬼になっている恵吏子さん。今後、どのように先輩とつきあっていけばいいのかお困りのようですね。

 この先輩のようなタイプを心理学では「偽装安定型」といいます。文字からもわかるように、偽装して安定しているように見せるタイプのことです。

 偽装安定型は落ち着いていて、ある程度コミュニケーション能力も高いので、いろいろなことに対応できる人に見えます。だからこそ、まったく別の顔があることに、周囲の人は気づきにくいのです。

 このタイプの人の内心は自分に自信がなく、人からどう見られているかをとても気にしています。ですから内心を見透かされることを極端に嫌い、そうなると、とんでもなくキレたりします。

 実は、殺人犯や傷害犯にはこのタイプが少なくありません。「まさか、あの人が!」という犯人こそ、偽装安定型なのです。普通の人が受け流すようなことでも、それが本人の怒りのツボだとしたら、感情を抑えられなくなり、いきなりバサッといくのです。しかもなにが引き金になるかわからないから、怖いのです。

 いつも人との距離を一定に保とうとしますから、強烈にコミットすることもありません。まんべんなくつきあいができるし、変わりない自分を見せ続けられます。

 このように社会性はある程度高いのですが、自分の内心を見せるのが嫌なので、あまり結婚を好まず、独身の人が多いとも。しかし、内なる自分を見られても嫌じゃない人が現れたら、電撃的に結婚してしまうのもこのタイプです。

 偽装安定型の人と、どのようにつきあったらいいのかという交際術よりも、まずはそうなのかどうかを、どう見破るかが先決です。

 このタイプは普段はとても落ち着きがあるように見えても、トラブルが起こるといきなりアタフタし始めるのが特徴です。つまり、日常とトラブったときの反応のギャップが大きいのです。

 普段から小心気弱でビクビクしている人なら、トラブルが起きたときにドタバタするのは「やっぱりね」と想定内のことですよね。

 もちろん、誰だってトラブルが起きたら多少は慌てますが、偽装安定型は普段はあえて落ち着き払い、自分を大きく見せようとしている。だからこそ、有事での態度の落差が大きいのです。

 まずはちょっとしたトラブルが起きたときに、その人がどう対応するかをよく観察することが重要です。普段との態度や対応が大きく違えば違うほど、偽装安定型が疑われます。

 このタイプの人は、トラブルが起こると自己保身のために、平気で他人に濡れ衣をかぶせてきたりします。自分さえ助かればいいと思うので、ミスが明らかに自分にあっても、相手に責任を押しつけてくるので、気をつけなければいけません。偽装安定型だと確信したら、その人とは距離をとったおつきあいをするのが無難です。

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
横須賀出身27歳OL 出身地聞かれた時は「横浜…のほう」
食品偽装「知らなかったなんてありえない」と中華料理シェフ
ホテルの厨房に「段ボールマジック」と呼ばれる食品偽装工作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP