ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デニムコーデのすべてを決める、イケテる1本の選びかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


毎日のコーディネートに欠かせない、スタンダードなデニムジーンズ
おしゃれな人は、いつも素敵にはきこなしているけれど、履きかたによっては「ただのダサい人」になってしまう、センスを問われるアイテムです。
簡単にイケテるスタイルを完成させるには「これぞ」という一本を見つけ出すのが大切。そのためにチェックすべきポイントをご紹介します。

すそにアタリを残したユーズドブルー

N A T S U

デニムのカラーは、まったくの「生デニム」より、多少の色落ち感のあるものがグッド。
ダメージ加工やわかりやすいヒゲ加工がされていない、色だけが美しく落ちた1本があると、毎日のコーディネートが格上げされます。
こなれ感を決定づけるポイントは、デニム特有のすそ部分の「アタリ」。アタリとは色落ち部分のことです。やむなくすそ上げをする場合は、アタリを残しつつすそ上げ加工してくれるところを探しましょう。

懐かしめなストレートシルエットが新鮮

#sly #slyjeansさん(@sly_official)が投稿した写真 – 2015 7月 9 1:21午前 PDT

いまどきのデニムはストレートシルエットが主流。だから、ちょっと懐かしい感じがするゆったりめなラインが逆に新鮮です。
とくに、ヒップからひざあたりにかけてはゆったりめのラインで、すそはすっきりと短めのものが注目度大。いまっぽい「ダサかわ」デニムコーデに一役買ってくれます。

ダメージはさじ加減が大切

D-mopさん(@dmophk)が投稿した写真 – 2015 7月 13 9:04午後 PDT

夏らしいダメージデニムなら、薄めカラーが好相性。ただ、ダメージ加工ってたくさんあるとちょっとやりすぎ感が否めないし、そのさじ加減が非常に難しいところ。
適度なダメージ具合を簡単に見分けるには、ひざ部分に着目! ぱっくり開いて、ひざ小僧が全開のデザインは清潔感がなく見えてしまいます。ダメージがありつつ、しっかり糸が渡してあるものを選んで。
また、ダメージがところどころに散らばっているものもNG。理想は大きなダメージが各脚に1つずつくらい。その他は小さいダメージ加工がいくつか、というのがちょうどいいダメージバランスです。
デニムそのものの選びかたが間違っていなければ、あとは何を合わせても不思議とスタイリングがセンスよく、見違えるほど新鮮なものに
デニム選びをもう一度見直すだけで、イマドキのスタイリングに近づけること間違いなし!
Stylish woman in jeans with small gold handbag clutch and watch image via shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
アウトドア服の新ルールは「NO MORE 虫刺され」
ギラつきNG。おしゃれガールのシールワザ
ペタンコ靴はありえない。#SATCキャリー流 ミモレ丈の着こなし

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP