ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「私だよ、君を苦しめ続けてきたのは」ボンドの宿敵が遂に登場!『007 スペクター』予告編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月4日公開となる映画『007 スペクター』から、最新予告編が到着した。

https://youtu.be/eAQBc3affUU

最新作は、ボンドの幼少期に関わる重大な秘密や、宿敵スペクターとの関わりなどが明らかになるかもしれないといったストーリーが噂されているが、今回いよいよその真相が見えてきた。

M役のレイフ・ファインズ、Q役ベン・ウィショー、ミス・マネーペニー役ナオミ・ハリスら新”チーム・ボンド”が、ボンドを援護しつつ任務を遂行していくストーリーを予感させる予告編。雪山でのヘリコプターと雪上車、テムズ川でのボートのチェイスシーンなど、今まで公開されたアクションシーン以上のド派手なアクションも随所に織り込まれている。

メキシコの伝統的なお祭り「死者の日」での爆発シーン満載なアバンタイトル(オープニング)に続いて、最新鋭のボンドカーとなるアストン・マーティンDB10を紹介しながら、「君のための特別な仕掛けもある」と告げるQに、「もう一つ頼めるか?俺を消してくれ」と呟くボンド。さらに、シリーズ最年長ボンド・ガール モニカ・ベルッチのドレスのジッパーをおろすボンドと「行ってしまうのね。苦痛しかないあの場所へ」とささやき返すモニカ。そしてついに、今までの予告ではシルエットでしか姿を現さなかったクリストフ・ヴァルツが不敵な笑みを浮かべ、「やぁジェームズ、ずっと私を探していたんだろう」と語りかけるに至り、MI6の追及の手がスペクターにおよび、それがボンドとヴァルツ演じる今回の悪役オーバーハウザーにつながってくることが分かる。そして、あえて自ら傷を負う自虐の道を選び進もうとするボンドに、オーバーハウザーの「私なんだよ、ジェームズ。君を苦しめ続けてきたのは」というセリフが最後に浴びせられ――。

ボンド自身の謎に迫るストーリー展開となることを予感させる特報から、今回は、ボンドがスペクターとその首領であろうオーバーハウザーと過去につながりがあり、しかもその事実がボンドの生き方に暗い影を落としていたことが明らかに!果たしてボンドは、自ら封印していたトラウマとも言える過去の秘密に対峙し、ダブル・オーとして生きぬくことができるのか…。

『007 スペクター』は12月4日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

SPECTRE (C)2015 Danjaq, MGM, CPII. SPECTRE, 007 Gun Logo and related James Bond Trademarks, TM Danjaq. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

『007 スペクター』最新予告編がミステリアスすぎる!遂に宿敵C・ヴァルツが登場【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP