ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あらやだステキ!六本木で開催中の「昭和ビアガーデン」でレトロなノスタルジーに浸ろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今はビールの最もおいしい季節、夏。どこか独特のビアガーデンはないかな?とお探しのあなた。たとえばそれが昭和時代にタイムスリップしたかのような雰囲気のビアガーデンだったらいかがでしょう?

現在六本木のホテル「グランドハイアット東京」で開催中の1950~60年代をテーマにした「昭和ビアガーデン ~六本木6丁目の夕焼け~」は、新感覚を求めるあなたにピッタリです。

ドリンクメニューにはビールをはじめハイボールや酎ハイ、ホッピーなども取り揃えられ、「昭和のおつまみ」と名付けられたメニューは、焼きそばに枝豆、タコウィンナー、ハムカツ、魚肉ソーセージ、ベビースターラーメンなど昭和感全開の趣です。

会場には昭和の歌謡曲が流れ、懐かしの当時の映画ポスターなどもディスプレイされています。レトロな雰囲気が好きならば最高に気分が盛り上がりますね。

「昭和ビアガーデン ~六本木6丁目の夕焼け~」は7月と8月の木・金曜日限定で開催中。料金は料理+フリードリンクで一人5000円(税・サービス込)。あまりの人気にこの先の開催日程はほとんど埋まってしまっていますが、キャンセル待ちの受け付けも可能ですし、8月後半には追加開催も決定しているのでぜひご参加を。グランドハイアット東京の公式サイトよりオンライン予約も受付中です。

昭和のノスタルジーを肌で感じながら、ホッピー片手に夏を満喫してみるのもいいですね。

グランドハイアット東京・昭和ビアガーデン ~六本木6丁目の夕焼け~

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

”東京”をイメージして作られた「今この瞬間」を味わうビール「Far Yeast(ファー・イースト)」
これは期待!まるで懐かしのオート三輪、日本に新たな自動車メーカーが誕生
レトロデザインが良い!本格派のフワフワかき氷がすぐ作れる「氷かき器」で夏は決まり

Japaaan
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP