ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニコニコ生放送でユーザーによる“手話ニュース番組”始まる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
syuwa.JPG

インターネットを使った”生放送”をすることができる『ニコニコ動画』のサービス『ニコニコ生放送』で、“手話”によるニュース番組が始まった。東日本大震災に関する最新情報を手話に翻訳して伝えるもので、『ニコニコ動画』ユーザーらの手によりボランティアで行われている。

「耳が聞こえないろう者は今回の東日本大震災や原発のことなど、最新の情報を得るのが難しい」――そう語るのは、普段は主にピアノ演奏の番組を『ニコニコ動画』で生放送している事務員Gさん。以前から手話を利用したボランティアに興味を持っており、震災後に自分ができることを考え、[NKH]ニコ生企画放送局のメンバーや手話通訳ボランティアらとともに手話によるニュース番組をスタートさせたという。

初対面のメンバーばかりで敢行された初回の放送は、わずかに10分という短いもの。その後放送を続けながら試行錯誤を繰り返し、徐々に番組の質も向上していった。現在は長時間の放送で、地震が起こった際に「津波にご注意ください」というテロップを表示させるほどの本格的な番組になっている。ろう者とされる視聴者からは、「リアルタイムで分かる事の喜びを知りました!!」「会見の雰囲気がよく分かって、こっちも緊張する…。生放送の通訳ならではだなぁ」といったコメントが寄せられている。

なお、この手話ニュース番組は2011年3月24日(木)まで行う予定だそうだ。

【関連サイト】
震災ニュース 日本手話放送(ボランティア) [NKH]ニコ生企画放送局
[NKH]ニコ生企画放送局 ニコニコミュニティ

野々村美緒

関連記事
泉谷しげる、チャリティーイベントで「歌うことを不謹慎と思うなら聞くな」
「ようやくネットが復活」 仙台在住の”生主”が被災地の様子を伝える
歌い手・ヒャダイン、「買い占め自粛」をニコニコ動画で呼びかける

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。