体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昔の恋人との思い出の品、捨てられないものはなに?

男女400人に聞いた!昔の恋人との思い出の品を持っている?

楽しい思い出も、悲しい思い出も、ひっくるめての恋愛。記念日や誕生日に恋人からプレゼントをもらうことも多いが、別れてしまったらそのプレゼントはどうしているのだろうか? 男女400人(既婚者340人、未婚者60人)に、昔の恋人との思い出の品に関するアンケート調査を実施した。
昔の恋人との思い出は男女で異なる?

交際中はうれしいプレゼントだが、別れた後も持ち続けるのか、処分しているのか。どのくらいの人が、昔の恋人との思い出の品を持っているかを調査した。結果は以下の通り。

思い出の品を持っていない派が、もっとも多かったのは20代。モノや思い出に対する執着があまりないのかと思えるが、まだまだ若く、上の世代よりも恋愛回数が少ない可能性もある。一概には言えない

思い出の品を持っていない派が、もっとも多かったのは20代。モノや思い出に対する執着があまりないのかと思えるが、まだまだ若く、上の世代よりも恋愛回数が少ない可能性もある。一概には言えない

別れた後も思い出の品を持っているのは、男性17.0%、女性21.8%で、5ポイントほど女性の割合が高くなった。この結果だけを見ると、男性のほうがサバサバしているように思えるが、結論を急ぐ前に、どんな品を持っているのかを見てみよう。

Q.捨てられない昔の恋人との思い出の品はなんですか?(フリーコメントを以下10項目に大別)

1位:写真(プリクラ)(30.8%)
2位:指輪以外のアクセサリー(18.7%)
3位:服・靴(9.9%)
3位:雑貨(9.9%)
5位:手紙(8.8%)
6位:時計(7.7%)
7位:指輪(5.5%)
7位:バッグ(5.5%)
9位:財布(2.2%)
10位:テレビ(1.1%)

1位「写真」(30.8%)、2位「指輪以外のアクセサリー」(18.7%)が、下位を大きく引き離している。この数値を男女別に見ると、「写真」は男性71.4%、女性28.6%。「指輪以外のアクセサリー」は男性11.8%、女性88.2%のように、男女でハッキリと分かれていた。さらに、5位「手紙」は男性75.0%、女性25.0%の割合となっている。

思い出の品を持っている割合こそ、女性のほうが多くなってはいるが、男性が持っている品は昔の恋人との“淡い思い出”の品が多い。フリーコメントには「ぬいぐるみ」(29歳・男性)、「手編みセーター」(54歳・男性)のように、思い出がギュッと詰まっていそうな品もある。男性は、過去の恋愛で胸を高鳴らせた記憶を、風化させたくない傾向があるのかもしれない。

一方、女性は恋人との思い出というよりも、現実的に使えるアイテムを大切にしているようだ。フリーコメントにも「某ブランドのクリスタル細工物」(45歳・女性)、「指輪。高価な物だし、とても気に入ったものなので捨てる必要がない」(47歳・女性)と、高級品は捨てがたいといった内容が見受けられた。現実主義と言えばそれまでだが、男性側からすると、もう少し思い出そのものを大切にしてほしいのではないだろうか。思い出の品の保管場所、オトコはしまい、オンナは身につける

昔の恋人との思い出の品が、現在のパートナーに見つかってしまっては、険悪なムードが漂ってしまいそうだが、保管場所はどうしているのだろうか? 複数の項目を用意し、あてはまる項目すべてを選択してもらった。

Q.あなたがその思い出の品をしまっている場所はどこですか?(複数回答、上位5位)

<男性>
1位:自宅の自分の机の中(35.9%)
2位:クローゼットの奥(33.3%)
3位:特にしまわず、使っている(15.4%)
4位:物置(12.8%)
5位:会社のデスクの中(10.3%)

<女性>
1位:特にしまわず、使っている(29.7%)
2位:自宅の自分の机の中(27.0%)
2位:クローゼットの奥(27.0%)
4位:その他(8.1%)
5位:物置(5.4%)
5位:持ち歩いている(5.4%)

思い出の品が男女で異なっていたように、やはり保管場所も違いがあるようだ。男性は、写真や手紙のような品をとっておく傾向が強いため、「自宅の自分の机の中」(35.9%)や「クローゼットの奥」(33.3%)にしまうケースが多い。会社のデスクならば、パートナーに見られる心配もなく、安心して保管できるのだろう。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。