ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶対にはずせない!この夏、150周年のマッターホルンに行くべき!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: 上原 直「憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅

こんにちは! TRiPORTライターの内山成美です。
最近、筆者の先輩がスイス旅行に行ったり、友人宅でスイス料理を食べさせてもらったりと、身の回りで「スイス」が立て続けに話題に上がることが続きました。単純な筆者は「スイスって涼しそうだし、夏休みにはスイスだ!」と思い立ち、さっそく妄想を膨らませてみました。

絶対にはずせない山

今までスイスをフォーカスしてみることはありませんでしたが、さすがにこれは知っていました。それは「マッターホルン」です。スイスの山とばかり思っていましたが、山頂にはスイスとイタリアの国境が通っているんですね! これを知った瞬間、日本の富士山の山梨と静岡のことを思い出しました。美しく大きい山は万国共通みんなの人気者ですね。ちなみに初登頂は1865年で、今年は初登頂から150周年だそうです。スイスに行った際には絶対にこの目で見るのかもちろん、あわよくばトレッキングにも挑戦してみたいです。

絶対にはずせない湖

Photo credit: Takeo Ikeda「チューリッヒ、ローザンヌ、モントレー周遊、スイス列車の旅

実は湖が好きな筆者。隙あらば美しい湖に会いたいという熱い想いをいつも胸に秘めています…。なんとスイスは、九州と同じ面積の国土に、大小あわせて約1500の湖があるとのこと! その中でも魅力的なのが、氷河や山からのミネラル分の多い水が作り出した湖。エメラルドグリーンやターコイズグリーンなど、美しい色を作り出し、人々が心奪われるような景色ができ上がっています。

また湖のまわりをハイキングしたり、山の上の湖を目指してトレッキングするコースも無数に存在し、夏から秋にかけては、山野草や高山植物など、標高ごとに様々な植物の開花もみられるようです。

ハイジがかけていたいたようなお花畑がある世界…。植物大好き、山も大好きな筆者の妄想はどんどん膨らみます…! 山岳ケーブルや登山鉄道などもあるので、それらを利用して体力に応じたハイキングやトレッキングを楽しめるところも魅力的ですね!

絶対にはずせない食

Photo credit: Rina Ozawa「登山鉄道で行くスイスの旅

「スイスと言ったらチーズ」、「チーズと言ったらスイス」というように、スイスに行ったら必ず食べたいのがチーズ料理です。なかでも日本人の憧れの的はやはり、とろけるチーズが魅力的なチーズフォンデュではないでしょうか? スイスは筆者の中では涼しいイメージがありましたが、日本のように四季があるようで、夏休みに行ったら「しっかり暑い」とのこと。しかし、筆者は暑かろうがなんだろうが、これは必ず食べたいと思います!

皆さんはこの夏どこへ行く予定ですか? 計画をたてたり、気になる場所を調べるだけでもわくわくでき、どんどんその気になれますよね! この夏はインドアにおうちでのんびり過ごそうかなーと思っていた方も、まずは思いを巡らせることから始めてみてはいかがでしょうか? 気付くと深みにハマり、楽しい妄想劇を繰り広げられるかもしれません。

スイス政府観光局の公式サイトがこちら

(ライター:内山成美
Photo by: 上原 直「憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅

スイスの旅行記はこちら

*Mutsuki Ito「スイス 〜アルプスの大自然を巡る旅〜
*上原 直「憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅
*Takeo Ikeda「チューリッヒ、ローザンヌ、モントレー周遊、スイス列車の旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP