ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東貴博 宝くじが当たったら「日本中のみんなを浅草に招待」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在発売中の『サマージャンボ宝くじ』の当せん金は1等・前後賞合わせて7億円で、サマージャンボ宝くじ史上最高額。同時発売の『サマージャンボミニ7000万』は1等7000万円が110本(11ユニットの場合)となる。

 今年3月に待望の長女が誕生。6月には亡父、東八郎さんが晩年に主宰したお笑い養成所「笑塾」を再開し、公私ともに充実の東貴博さん。相変わらず札束をハンカチ代わりに使う“金持ちプリンス”に、「もしも」の賞金の使い方をご教授いただいた。

「7億円なら、浅草の街を借り切って日本中のみんなを招待します。ただでさえテーマパークみたいな街で、高級料理から安い団子までいろいろあるから、好きなだけ遊んで食べて、『おいしかった、ごちそうさま!』と言ってくれれば、僕はそれで充分だね。

 現金は大好き(笑い)。でも宝くじの賞金のような幸運のお金は、自分のためだけに使ってしまうと案外つまらないと思うんですよ。高級料亭で数万円の料理も食べるけど、食べたらそれで終わり。でも人におごってもらった喜びって大きいでしょ? 一生感謝するでしょ? そういう人の好意に包まれる幸せは何にも代えがたい」

 もしもサマージャンボミニ7000万で1等が当たったら、無人島を購入。「“東MAX島”と名付け、龍宮城みたいな遊園地にして無料開放! 昔、父も山を買ったんですよ。年に1回タケノコ狩りでしか行かないんだけど、“オヤジ、すごいな~”と、思ったもんね」

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
6億円サマージャンボ宝くじ 組は後半、番号は前半が狙い目
前後賞合わせて7億円のジャンボ宝くじ ラッキーナンバーは?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP