ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米は頭の良さが遥か上のプーチン氏に会うなと安倍首相へ警告

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三首相がロシアのプーチン大統領に、訪日ラブコールを送り続けている。北方領土問題の解決を期待してのことだろうが、ゴルバチョフときもエリツィンのときも同じようなことがあったが、何も進まなかったので今回も同じだと作家の落合信彦氏は指摘している。日本の政治家がこれまでどうやってロシアに利用されてきたか、安倍首相とプーチンとの会談がなぜ不毛に終わると予測しているのかを、落合氏が解説する。

 * * *
 たとえば1998年に伊豆の川奈ホテルで行われた橋本龍太郎首相とエリツィン大統領(いずれも当時)の会談は、エリツィンが橋本を抱っこする映像と共に「解決に向けて合意」などと騒がれたが、その後何も進展はなく、後から見てみれば、ただ日本がロシア側への経済支援を約束しただけだった。

 つまりこれまでも、ロシア側の甘言に日本の政治家が乗せられ、日本のメディアも大騒ぎし、しかし最終的にはロシアに甘い蜜を吸われただけ、ということを何度となく繰り返してきたわけだ。

 いまロシアはアメリカやEUによるサンクション(経済制裁)の影響もあり、経済が急激に悪化している。そこでロシアは日本にすり寄ってきたのが見え見えなのに、安倍は得点稼ぎのためにその危険な誘いに乗ろうとしているのだ。

 安倍は日本もアメリカやEUのサンクションの一員であることを忘れてしまったのか。アメリカは何度も彼に「プーチンには会うな」と言った。KGBの中佐だったプーチンの頭の良さが安倍よりはるかに上であることをアメリカは知っている。プーチンはいま崖っぷちにある。欧米のサンクションが効き始めてきたのだ。

 そんな状態にあるプーチンが北方領土をエサに安倍と会って経済的支援を得れば、サンクションの一角が崩れる。そうすれば日本がG7から追い出される危険性もある。CIAが2000年12月に作り上げたレポートは「日本が2015年に先進国から滑り落ちる」と予言したが、安倍内閣が続く限りその予言は現実となるかもしれない。

 世界一嫌われているプーチンとともに、安倍は目先の支持率ほしさに国際的孤立の道を進み出した。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ロシア通記者が露大統領再登板のプーチンの実像を記した本
訪露の森喜朗元首相 銅像に献花しプーチン氏の琴線に触れた
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「プーチンの政策」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP