ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「骨太の方針2015」は骨太どころか全く骨がないと大前研一氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月30日に安倍政権は2015年版の「骨太の方針」を閣議決定した。財政健全化計画を盛り込んだこの方針には、骨太どころかまったく骨がないと大前研一氏が批判している。なぜ、骨がないのかについて大前氏が解説する。

 * * *
 安倍政権は6月末、プライマリーバランス(基礎的財政収支)を2020年度に黒字化するための財政健全化計画を盛り込んだ「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針2015)を閣議決定した。今後5年間の計画期間のうち2016年度からの当初3年間を「集中改革期間」と位置付けて「経済・財政一体改革」を集中的に進め、2018年度にプライマリーバランス赤字を対GDP比1%程度に縮減するという中間目標を設定している。

「骨太の方針」は、実質GDP成長率2%程度、名目GDP成長率3%程度を上回る経済成長によって、税収が大幅に増えることを前提にしている。たしかに2014年度の税収は消費税が3%上がったことを反映して約54兆円に達し、1993年度以来21年ぶりの高水準となったが、これをさらに増やしていくのは至難の業である。

 となると、プライマリーバランスの2020年度黒字化という目標は、どうすれば達成できるのか? その方法は、大幅な歳出カットしかない。たとえば、公務員の数を国も地方も3分の1くらい削ったり、学校の先生を半分に減らしてサイバー教育で代替したり、農業補助金をすべて廃止したりする必要がある。増え続ける社会保障費についても、健康保険の患者の窓口負担割合を特殊な病気以外は4割にするなど、大胆に切り込まなければならない。

 ところが「骨太の方針」には、そういう具体策がほとんど書いてない。それどころか、当初59兆円と言われていた歳出上限(キャップ)の数値目標設定を見送った上、「国の一般歳出の水準の目安については、安倍内閣のこれまでの3年間の取り組みでは一般歳出の総額の実質的な増加が1.6兆円程度となっていること、経済・物価動向等を踏まえ、その基調を2018年度まで継続させていくこととする」と欄外に注記してある。

 つまり、2018年度までは一般歳出を1.6兆円程度(そのうち1.5兆円程度は社会保障費)増やすわけだ。こんな調子では、あと5年で一気にプライマリーバランスを黒字化できるはずがないだろう。

 よしんばプライマリーバランスを黒字化できたとしても、まだ1000兆円以上の借金が残っている。いわば、千里の道のりの一里塚にも達していないのだ。プライマリーバランスが黒字化した後、20年かけて半分の500兆円を返すとすれば、毎年25兆円ずつ返していかねばならない。そんなことは、どんな計算をしても不可能だ。要するに「骨太の方針」は、中身がスカスカで、骨太どころか、全く骨がないのである。

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アベノミクス第2の矢はこれ以上無理 日本に触れる袖はない
大前研一氏 日本の格付けがギリシャ並みに落ちる危険性指摘
アベノミクス ブレーンも名称も小泉時代の繰り返しと大前氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。