ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鹿児島県のメガソーラーが海外で話題!ポイントは、その建設予定地だった!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太陽電池モジュール。完成が実現すれば、国内最大級規模のメガソーラーが誕生することになる。

だが、注目すべきはその圧倒的なスケールだけではない。このプロジェクトの背景にこそ、海外メディアが注目する驚きの理由がある。

完成予想図

実はこの場所、30年以上前にゴルフ場の建設計画が頓挫し、手つかずの状態となっていた土地。それゆえ、長年にわたって地元民から有効活用が望まれていたのだ。稼働が開始されれば、年間約35,730tのCO2削減に寄与するだけでなく、雇用の創出や税収の増加など、地域社会に大きく貢献できるものと期待されている。

プロジェクトの担い手は、複数の企業。京セラ株式会社が太陽電池モジュールを供給し、株式会社ガイアパワー株式会社九電工が発電所の設計・施工・維持管理を行う。ファイナンスを担当するのは、東京センチュリーリース株式会社。この4社が、事業運営会社である鹿屋大崎ソーラーヒルズ合同会社へ共同出資する。

事業計画によると、この発電所の出力は約92MWで年間発電量は約99,230MWh。これは一般家庭約30,500世帯分の年間電力消費量をまかなえる計算だ。

ちなみに総投資額は約350億円を予定。2015年度下期の着工、2017年度中の稼働開始を目指している。今後は事業化に向け、地元住民の協力を得つつ、事業スキームや自然環境に配慮した工法の検討を重ねていくようだ。

Licensed material used with permission by  京セラ株式会社広報室

関連記事リンク(外部サイト)

MITが開発!「海水を飲料水に変える」技術が水不足を救う?
「注意力散漫」な人ほど、クリエイティブ!米・研究結果
スマホでデザインを変えられる「スニーカー」が登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP