ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村上隆「五百羅漢図展」 14年ぶりの国内大規模個展、森美術館で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


《五百羅漢図》 2012年 アクリル、キャンバス、板にマウント 302 x 10,000cm 個人蔵 展示風景:「Murakami – Ego」アル・リワーク展示ホール、ドーハ、2012年 撮影:GION/(C)2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
2015年10月31日(土)から2016年3月6日(日)にかけて、現代美術作家・村上隆さんの個展「村上隆の五百羅漢図展」が、六本木・森美術館にて開催される。

村上さんの日本での大規模な個展が行われるのは、2001年に東京都現代美術館で開催された「召喚するかドアを開けるか回復するか全滅するか」展以来、約14年ぶりとなる。

開幕100日前となる7月23日(木)より、前売り券と早割ペア前売り券が、展覧会公式Webサイトやセブンチケット、ローソンチケットなどにて販売開始となった。

待望の国内大規模個展

村上隆さんは「敗戦後の日本」をテーマに、オタク文化やキャラクターと日本の美術史を接続し、「スーパーフラット」という概念を提唱しながら、現代美術に大きな影響を与え、国内外で評価を得ている現代美術作家。

ロサンゼルス現代美術館を皮切りに世界巡回した「©MURAKAMI」展、ヴェルサイユ宮殿での「MURAKAMI VERSAILLES」展、カタールでの「Murakami-Ego」展や、さまざまな場所での大型インスタレーションを展示。作品の圧倒的なスケールと完成度の高さで世界の人々を驚かせてきた。

絵画史上最大級の大作「五百羅漢図」を日本初公開

待望の国内での個展となる本展では、東日本大震災の翌年に発表された、世界の絵画史上最大級の作品となる、高さ3メートル・全長100メートルに及ぶ巨大絵画「五百羅漢図」が日本で初公開される。

本作には、被災地にいち早く支援の手を差し延べてくれたカタールへの感謝が込められているという。

このほかにも、10年近い歳月をかけて今なお制作に取り組む「宇宙の産声」や「欲望の炎-金」といった大型彫刻作品から、本展のために手がける「727」や「TanTan Bo」といった代表的シリーズの最新作、円相図や金銀の唐獅子図など、全作品が日本初公開となる。

村上さんの最高傑作ともいわれる「五百羅漢図」は、カタールで開催された「Murakami-Ego」展で2012年に初公開。上記の動画では、村上さんが自ら作品の解説を行っている。

混乱と人間の生死、宗教と芸術について、さらには、芸術というものが、人の住む世界や人のリアリズムと本質にどれだけ肉薄していけるか、という村上さんの問いと、その創作に迫る極めて貴重な機会となりそうだ。

引用元

村上隆「五百羅漢図展」 14年ぶりの国内大規模個展、森美術館で開催

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP