ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

約2300席の壮大な札幌ビール園、THE サッポロビヤガーデンが営業開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サッポロライオンは、7月22日(水)、サッポロビールと一緒に「第62回さっぽろ夏まつり 福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン」の大通西8丁目会場にて「THE サッポロビヤガーデン」を営業開始した。

提供する主な生ビールは、「サッポロ生ビール黒ラベル」、発売30周年の北海道限定ビール「サッポロクラシック」、THE サッポロビヤガーデン限定販売の「クラシック富良野シトラス」、「琥珀ヱビス」だ。また、「サッポロ生ビール黒ラベル」は、ジョッキのほか、10リッター樽やタワーピッチャーなど、徳用サイズも例年通り提供する。

さらに、ふるさとグルメキッチンと銘打って、南幌町の「南幌キャベツキムチ」、釧路市阿寒町の「ワカサギの唐揚げ」、天塩町の「カレイの唐揚げ」(以上、全て500円)など、その土地の名産品を提供する。

THE サッポロビヤガーデンは、2015年7月22日(水)~8月16日(日)の期間、12:00~21:00(ラストオーダー20:45)の時間帯に営業する。

約2300席ある壮大なビヤガーデンで暑い夏を楽しみませんか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP