ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子育てで悩んで、ついつい自分を責めてしまうお母さんへ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 子育てに悩みはつきもの、そうわかっていても、お母さんの中には、子どもを思い通りに育てられず、自分を責めてしまう人がよくいます。その引き金になっているのは、ほとんどの場合、お姑さんや友だちからの心ない言葉なのだそうです。

 「あなたのしつけ、おかしいと思っていたのよ」
 「よその子と様子が違うのは、母親が甘やかしすぎたからでしょ!」
 「親のせいで、子どもがこんなになってしまって、かわいそうね……」

 特に年配者からのこんな言葉に傷ついたり、プレッシャーを感じた経験があるお母さんは多いはず。
 でも、大切なのは、子どもをゆっくり見守りながら、その子にあった育て方をすることです。他の子と比べたり、周りの子育て論に振り回されたりすることはありません。

 友だち付き合いが苦手でも……。
 こだわりが強くても……。
 活発すぎて周りに迷惑をかけることがあっても……。
 子どもには、一人ひとり違った可能性が秘められています。

■子どもの可能性を引き出すの言葉かけ
 子どもの可能性を引き出すもの、それはしつけでも、周囲の言葉でもありません。
 それは、お母さんのあたたかい言葉かけです。

 あなたの言葉かけ次第で、子どもの未来はどんどん変わっていきます。

 得意なことが伸びていき、親子が楽しく暮らせるようになります。
 ここでひとつ、言葉かけの例を紹介します。

■【子どもを伸ばす叱り方】
 子どもは長時間叱られていると、なぜ叱られているのか、わからなくなってしまいます。ですから、「今から○○について、叱るからね」と言葉かけをしてから、叱るのが理想です。

 感情的に怒るのではなく、短く具体的な言葉でキチンと叱る。そうすれば、成長に欠かせない自己肯定感が失われずに、子どもは伸びていきます。

 脳科学者の片野晶子さんは、これまで700人以上の「育てにくいといわれてきた子どもたち」に言葉かけを使い、その成長をサポートしてきたスペシャリスト。その経験から導き出された、家庭や学校で役立つ言葉かけを、著書『育てにくい子どもを伸ばす魔法の言葉かけ』(アスコム/刊)にまとめています。

 読んだ人から「子どものいいところが見つかった」「優しい気持ちで話せるようになった」「子育ての不安が消えた」と評判の本書。ぜひ、あなたのもこの本で、子育ての悩みを解消してください。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
「いい親」と「ダメ親」、子育ての決定的な違いとは?
「自分に自信がない大人」が育つ家庭環境
ささいなことで怒らない「心」の作り方

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP