ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もっとキレイになれる「ココナッツオイル」の意外な使いかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

20150723_coco.jpg
ミランダ・カーやエマ・ストーンなど、海外セレブに愛用者の多いココナッツオイル。日本では道端ジェシカさんが「緑茶+ココナッツオイル」というレシピを毎日実践しているとか。
美容フードとして体に取り入れるイメージの強いココナッツオイルですが、ほかにも使いかたがあるんです。
今回は、だれでも今日からすぐトライできるココナッツオイルの意外な使いかたを紹介します。

クレンジング

究極にシンプルで簡単な使いかたが「クレンジング」に利用する方法。ココナッツオイルを直接肌にたらし、コットンでふき取るだけでOKです。
洗浄力の強いクレンジングを使うと、メイクだけでなく、肌本来の油分である細胞間脂質も溶解させてしまい、くすみ・ごわつきが目立つ乾燥肌になってしまう恐れも……。
ココナッツオイルなら優しくメイクオフできるので、週に数回、市販のクレンジングオイルの代わりに使いましょう。

息フレグランス

インドの自然療法、アーユルヴェーダから生まれた「オイル・プリング(oil pulling)」という美容法にも使えます。
やり方はとても簡単で、小さじ1杯のココナッツオイルを口に含み、20分ほどぐちゅぐちゅするだけ。
口のなかにはもともと300~700種類の細菌が生息していますが、免疫力が低下すると細菌が増殖し、大病につながることも。オイル・プリングを行うと、その細菌を絡め取ってくれるんです。
ココナッツオイルにベイキングパウダーを同量混ぜると、即席のホワイトニング歯磨き粉にもなるのでおすすめ!

メイクブラシ専用クリーナー

ココナッツオイルはメイクブラシ用の「クリーナー」としても利用可能。
ココナッツオイルをメイクブラシの筆部分に揉みこみ、ぬるま湯で洗い流せばOKです。きちんとメイク成分が落ちるまで繰り返し、最後は乾燥させましょう。
メイクブラシやファンデーションのパフなどをお手入れしないなんて、肌に雑巾をこすりつけているようなもの。必ず週1回お手入れして、清潔な環境を保つのが理想です。
ココナッツオイルは、もはや美を追い求める女子の定番アイテム。
表参道の大人気ポップコーン専門店「POP! gourmet popcorn」で、新オリジナル・フレーバーに「ココナッツオイル」が登場するなど、今後もますますココナッツオイル熱は高まりそう。
食べてもよし、美容アイテムとして使ってもよしのココナッツオイルは、この夏の必需品です。
 photo by Unsplash


(グリッティ)記事関連リンク
髪がパサパサだと、5.6歳老けて見える
極限まですっぴん風。夜のズルいフェイスパウダー
甘いものが我慢できないから、太りにくい #ロースイーツ を選ぶ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。