ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歌舞伎町に日本初のワイキキグルメがやってきた #LoveHawaii

DATE:
  • ガジェット通信を≫


暑くなればなるほど高まっていく「ハワイ欲」。
真っ白なビーチで優雅な時間を過ごしたいーー。でも、現実は毎日デスクに向かう日々……。そんなとき、少しでもハワイ気分にひたれるハワイアンダイニングが新宿・歌舞伎町にあるんです。

ビーチ気分が体験できるダイニング


それが2014年4月にオープンしたハワイアンダイニングバー「Alee Beach(アリービーチ)」。ハワイのローカルフードを忠実に再現して提供しているお店です。
そして、なんと言ってもその一番の特徴は、店内にしきつめられた「砂浜」。ワイキキビーチと同じ砂を使用しているんだとか。真っ白でサラサラした感触の砂を踏みしめると、まるで本当にハワイのビーチにいるかのように錯覚してしまいます。

ガーリックシュリンプの老舗が初上陸


さらに2015年7月24日(金)から、ハワイの人気B級グルメガーリックシュリンプの老舗「GIOVANNI’S JAPAN(ジョバンニーズ ジャパン)」が併設店としてオープン。「Alee Beach」店内で、本場と同じレシピで作られた味を楽しむことができます。
1993年、ハワイのオアフ島で創業した「GIOVANNI’S」は、ガーリックシュリンプ販売の先駆けとして有名。現地では店舗だけでなく、バスでの販売も行っています。そのトレードマークは車体いっぱいに書かれたサインの数々。なんと、オバマ大統領の直筆サインも書かれているそうです。
今回オープンする併設店は、「GIOVANNI’S」の世界展開第1号店。今後、日本国内でも店舗とバスでの販売を展開していく予定だとか。

手が止まらなくなるおいしさ


写真左から:ホット&スパイシー、シュリンプ スキャンピ、レモンバター ごはん付き 各1,500円 / ごはんなし 各1,300円 ※テイクアウト可
「GIOVANNI’S JAPAN」で提供するガーリックシュリンプは、定番の「シュリンプ スキャンピ」、辛口の「ホット&スパイシー」、爽やかな風味の「レモンバター」の3種類。
今回は、そのうち「シュリンプ スキャンピ」と「ホット&スパイシー」の2種類を試食させていただきました。
定番の「シュリンプ スキャンピ」はニンニクがきいてガツンとした味わい。ご飯にもとてもよく合います。エビの風味がしっかりと感じられ、プリプリとした歯ごたえがたまらない!
「ホット&スパイシー」は見た目以上の辛さにはじめはびっくししましたが、後引くおいしさで思わず手がとまらなくなりました。夏の暑い日に、ビールと一緒に楽しみたい味わいです。
本場のレシピ通り、エビは殻付きのまま調理されています。殻からダシになるエキスが出て、より奥深いおいしさになるからなんだとか。そのままでも食べられますが、現地では殻をむいて食べるのが一般的だそう。
手が汚れるのがイヤで一瞬「う〜ん……」と思いましたが、気にせずガツガツ食べていくスタイルが、「ビーチ感」をより引き立たせてくれるのかもしれません。
仕事に疲れたら、歌舞伎町に現れた小さなワイキキビーチでガーリックシュリンプに舌鼓をうちつーー。
少しでもハワイ気分を堪能して、暑い夏を元気に乗り切りたいものです。

GIOVANNI’S JAPAN
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-17-11 プレーンシティ新宿ビル1F アリービーチ内
営業時間:平日 18:00〜翌5:00 / 土日祝 12:00〜15:00(ランチタイム)、18:00〜翌5:00(ディナータイム)
電話番号:03-6380-3265

(近藤世菜)


(グリッティ)記事関連リンク
誰でもいいわけじゃない。おごらせるのは本気の彼だけ
世界中の女の子と一緒に幸せになりたい #GIRL4PRESIDENT
物欲は正義! 素直に「欲しい」と言ってよし

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP