ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普通のOLから、フジサンケイグループの取締役に!~マガジンハウス担当者の今推し本『そういえば、いつも目の前のことだけやってきた 頑張るあなたが人生を楽しむ54の方法』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、マガジンハウスです。みなさんはビジネス書、たとえば社長さんの教訓的なものをお読みになって、「でも~、この著者、スタート地点も暮らしぶりも自分と違いすぎるし~」などと思われたことはありませんか? 私はあります。東大とかハーバード出てたり、入社時から差がついていたり、とんとん拍子で出世したり、超仕事人間だったりする先輩方のアドバイスは、もちろん立派だけど距離を感じちゃいますよね~。といいつつ、今回おすすめする一冊も、著者は仕事でサクセスした方。また「自分と違いすぎるし~」と思っちゃうかな? 担当のKさんにそこのところを聞いてみました!

――――Kさん、やっぱり著者の平田静子さんって、すごい方じゃないですか! 出版社の編集長、部長、執行役員、取締役……すごいキャリアアップで、たじろいでしまいますよ。あの大ベストセラー『チーズはどこに消えた?』のプロデューサーでもあられる。

K 「確かに、経歴だけ見るとすごいです。でも元々は、お茶くみやコピーとりなどをする普通のOLさんだったんですよ。超エリートでも、特別な資格をお持ちでもない。それも、女子25歳定年制がある頃の入社なので、25歳になったら寿退社されるおつもりだったそうなんです」

――――25歳定年制? じゃあ、短大卒で働いたとしても4~5年働いたら辞めなきゃいけないのか……。そんな時代があったんですね。

K 「はい。採用試験の面接の際も、25歳で辞めてもらうからねと確認されたとか。それが、平田さんが25歳になる前に、その制度自体が撤廃されてしまうんです」

――――なるほど。それで会社人間としてキャリアを積もうと、がむしゃらに働いて出世されたわけですね!

K 「それもちょっと違うんですよね(笑)。平田さんのすごいところは、大きな夢や目標を持たなかったところなんです。普通のOLさんだった頃から、お茶を淹れる時は、そのお茶をいかにおいしく淹れるか。電話を取り次ぐ際は、相手の声の特徴を覚えておいて、“○○社の△△さまですね”と名前でお呼びする。常に、目の前にある仕事を一生懸命する、そんな基本的なことの積み重ねでここまでこられたんですね」

――――え、でも夢や目標は持て! ってよく言われますよね。

K 「ですよね。一般的な自己啓発だとそうですよね。ただ、脳科学的には、持たないほうがいいんですって。顕在意識として大きな目標を持っていると、そこから脱却できなかったり、また挫折してしまったときに立ち直れないそうなんです」

――――なるほど。本書にも、「やりたい仕事があったら、まず今やっている仕事を懸命にやること」とありますが、目の前のことをおざなりにしては、その先にある大きな夢は実現できないですもんね。

K 「平田さんは、ご結婚もされたし、2人のお子さんもいる。仕事も子育てもあきらめないで、取締役になることができるということを、身をもって示してくれました。しなやかな生き方は、これからの働く女性のロールモデルになると思います」

――――仕事と結婚や子育ての両立に悩む人はまだまだ多いです。何かコツはあるんでしょうか。

K 「平田さんも、編集の仕事が多忙を極めた時は、お子さんと過ごす時間がかなり短かったんです。でも、仕事でも日常生活でも共通しているのが、“みんなの喜ぶ顔が見たい”という思い。たとえ一緒にいられる時間が短くても、子どもへの愛情を言葉や態度でたっぷり表現すれば、それは相手にも伝わるんですよね。仕事も同じで、いかに多くの人を喜ばせられるか、それを常に考えてらっしゃる方だと思います」

――――現在はプロデュース会社を興し、精力的にご活躍されている平田さんですが、実際はどんなお方なんですか? やっぱりバリキャリっぽいんでしょうか。

K 「いいえ(笑)。大先輩にこういっちゃなんですが、とっても可愛らしい方です。仕草もとても女子っぽくて、そういう面も学びたいです(笑)」


キラキラに囲まれているような平田さん。輝いてます!

今週の推し本

『そういえば、いつも目の前のことだけやってきた 頑張るあなたが人生を楽しむ54の方法』
平田 静子 著

ISBN:9784838727575
定価:1404円 (税込)
発売:2015.07.23
ジャンル:自己啓発
[http://magazineworld.jp/books/paper/2757/]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP