ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015 MTV Video Music Awards、ノミネーション発表&MCはマイリー・サイラス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ロサンゼルスのマイクロソフト・シアター(旧ノキア・シアター・LA・ライブ)で、8月30日(現地時間)に開催される「2015 MTV Video Music Awards」(以下VMA)のノミネーション作品が発表された。

VMAは、年間の最も優れたミュージックビデオやアーティストを決定する授賞式として1984年に始まった。今年は、テイラー・スウィフトが9部門、エド・シーランが6部門、ビヨンセが5部門にノミネートされている。

また、昨年のVMAで「最優秀ビデオ賞」に輝いたマイリー・サイラスが、エイリアンに扮した写真を自身のインスタグラムに掲載することで本年度のMCとなることが発表された。胸に掲げたボードには「MTVが私にパフォーマンスさせてくれないの」、「だから今年のVMAでは司会をやることにしたわ」と書かれている。VMAでは賞の発表のほかにも豪華アーティストによるパフォーマンスが話題となるが、マイリー・サイラスのMCぶりにも今年は注目が集まる。

VMAは現地時間8月30日21時よりロサンゼルスのマイクロソフト・シアターにて開催され、全米に生中継される。その後、日本を含む世界6億世帯以上のMTV視聴者の元へ届けられ、MTV Japanでは日本時間の8月31日20時からレッドカーペットショー、21時から本編を放送する予定とのこと。(※日本語字幕なし、日本語字幕版は9月5日に放送予定)。

「最優秀ビデオ賞」をはじめとする一般カテゴリー9部門への投票は、米国MTVの公式ウェブサイトにて受付を開始している(日本からの投票は不可)。

2015 MTV Video Music Awards
www.mtv.com/ontv/vma/(※英語サイト)

番組情報
「2015 MTV Video Music Awards Main Show」
日本語字幕なし:8月31日(月)21:00-23:00 放送
日本語字幕あり:9月5日(土)19:00-21:00 他放送

「2015 MTV Video Music Awards Pre-Show」
日本語字幕なし:8月31日(月)20:00-21:00 放送
日本語字幕あり:9月5日(土)18:00-19:00 放送

「2015 MTV Video Music Awards ノミネーション一覧」
日本語字幕あり

一般カテゴリー
<最優秀ビデオ賞/VIDEO OF THE YEAR>
Beyoncé – “7/11”
Ed Sheeran – “Thinking Out Loud”
Taylor Swift ft. Kendrick Lamar – “Bad Blood”
Mark Ronson ft. Bruno Mars – “Uptown Funk”
Kendrick Lamar – “Alright”
<最優秀男性アーティスト・ビデオ賞/BEST MALE VIDEO>
Ed Sheeran – “Thinking Out Loud”
Mark Ronson ft. Bruno Mars – “Uptown Funk”
Kendrick Lamar – “Alright”
The Weeknd – “Earned It”
Nick Jonas – “Chains”
<最優秀女性アーティスト・ビデオ賞/BEST FEMALE VIDEO>
Beyoncé – “7/11”
Taylor Swift – “Blank Space”
Nicki Minaj – “Anaconda”
Sia – “Elastic Heart”
Ellie Goulding – “Love Me Like You Do”
<最優秀ヒップホップ・ビデオ賞/BEST HIP HOP VIDEO>
Fetty Wap – “Trap Queen”
Nicki Minaj – “Anaconda”
Kendrick Lamar – “Alright”
Wiz Khalifa ft. Charlie Puth – “See You Again”
Big Sean ft. E-40 – “IDFWU”
<最優秀ポップ・ビデオ賞/BEST POP VIDEO>
Beyoncé – “7/11”
Ed Sheeran – “Thinking Out Loud”
Taylor Swift – “Blank Space”
Mark Ronson ft. Bruno Mars – “Uptown Funk”
Maroon 5 – “Sugar”
<最優秀ロック・ビデオ賞/BEST ROCK VIDEO>
Hozier – “Take Me To Church”
Fall Out Boy – “Uma Thurman”
Florence + the Machine – “Ship To Wreck”
Walk the Moon – “Shut Up and Dance”
Arctic Monkeys – “Why’d You Only Call Me When You’re High?”
<アーティスト・トゥ・ウォッチ presented by Taco Bell®>
Fetty Wap – “Trap Queen”
Vance Joy – “Riptide”
George Ezra – “Budapest”
James Bay – “Hold Back The River”
FKA Twigs – “Pendulum”
<最優秀コラボレーション賞/BEST COLLABORATION>
Taylor Swift ft. Kendrick Lamar – “Bad Blood”
Mark Ronson ft. Bruno Mars – “Uptown Funk”
Wiz Khalifa ft. Charlie Puth – “See You Again”
Ariana Grande & The Weeknd – “Love Me Harder”
Jessie J, Ariana Grande, Nicki Minaj – “Bang Bang”
<ソーシャルメッセージビデオ賞/VIDEO WITH A SOCIAL MESSAGE>
Jennifer Hudson – “I Still Love You”
Colbie Caillat – “Try”
Big Sean ft. Kanye West and John Legend – “One Man Can Change the World”
Rihanna – “American Oxygen”
Wale – “The White Shoes”

プロフェッショナル・カテゴリー
<最優秀アートディレクション賞/BEST ART DIRECTION>
Taylor Swift ft. Kendrick Lamar – “Bad Blood” (Charles Infante)
Snoop Dogg – “So Many Pros” (Jason Fijal)
Jack White – “Would You Fight For My Love” (Jeff Peterson)
The Chemical Brothers – “Go” (Michel Gondry)
Skrillex & Diplo – “Where Are U Now” with Justin Bieber (Brewer)
<最優秀振付賞/BEST CHOREOGRAPHY>
Beyoncé – “7/11” (Beyoncé, Chris Grant, Additional choreography: Gabriel Valenciano)
OK Go – “I Won’t Let You Down” (OK Go, air:man and Mori Harano)
Chet Faker – “Gold” (Ryan Heffington)
Ed Sheeran – “Don’t” (Nappy Tabs)
Flying Lotus ft. Kendrick Lamar – “Never Catch Me” (Keone and Mari Madrid)
<最優秀撮影賞/BEST CINEMATOGRAPHY>
Flying Lotus ft. Kendrick Lamar – “Never Catch Me” (Larkin Sieple)
Ed Sheeran – “Thinking Out Loud” (Daniel Pearl)
Taylor Swift ft. Kendrick Lamar – “Bad Blood” (Christopher Probst)
FKA Twigs – “Two Weeks” (Justin Brown)
Alt-J – “Left Hand Free” (Mike Simpson)
<最優秀監督賞/BEST DIRECTION>
Taylor Swift ft. Kendrick Lamar – “Bad Blood” (Joseph Kahn)
Mark Ronson ft. Bruno Mars – “Uptown Funk” (Bruno Mars & Cameron Duddy)
Kendrick Lamar – “Alright” (Colin Tilley & The Little Homies)
Hozier – “Take Me To Church” (Brendan Canty and Conal Thomson of Feel Good Lost)
Childish Gambino – “Sober” (Hiro Murai)
<最優秀編集賞/BEST EDITING>
Beyoncé – “7/11” (Beyoncé, Ed Burke, Jonathan Wing)
Ed Sheeran – “Don’t” (Jacquelyn London)
Taylor Swift ft. Kendrick Lamar – “Bad Blood” (Chancler Haynes at Cosmo Street)
A$AP Rocky – “L$D” (Dexter Navy)
Skrillex & Diplo – “Where Are U Now” with Justin Bieber (Brewer)
<最優秀視覚効果賞/BEST VISUAL EFFECTS>
Taylor Swift ft. Kendrick Lamar – “Bad Blood” (Ingenuity Studios)
FKA Twigs – “Two Weeks” (Gloria FX, Tomash Kuzmytskyi, and Max Chyzhevskyy)
Childish Gambino – “Telegraph Ave.” (Gloria FX)
Skrillex & Diplo – “Where Are U Now” with Justin Bieber (Brewer)
Tyler, The Creator – “F****** Young/Death Camp” (Gloria FX)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP