体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

奥手な彼をデートに連れ出す効果的なひと言

150717date.jpg
お互いの好意を感じているのに、なかなか一歩を踏み出してこない男性はたくさんいます。
それは男性が「誘いを断られるかもしれない」「振られてしまうかもしれない」というリスクにおびえているから。
そんな男性に一歩踏み出させるためには、ただ待っているだけではなく、女性が一歩リードしてあげることが必要なのです。

「みんなで行こうよ」

自分から誘ってこない奥手な男性は、女性慣れしていなかったり、ふたりきりになって会話を持たせられるか自信がなかったりという不安を抱えています。
そんな彼には、リハーサルのつもりで「少人数で遊ぶ」という段階を踏ませるといいでしょう。
「今度、みんなでごはん行こうよ」「バーベキューでもしない?」などと誘うと、次のステップへ進みやすくなります。

「○○が食べたいから、つきあってよ」

ふたりでごはんということを必要以上に意識させないために、目的を明示して誘うというテクニックがあります。
「近所に新しいお店ができたんだけど行かない?」「イタリアンって好き?」「付き合ってほしいお店があるんだけど」と、目的を先に言って誘えば、恥ずかしさや照れがグッと減るもの。
奥手な男性でも返事のしやすい誘いかたを意識しましょう。

「いまからちょっと飲みに行かない?」

気になる男性と一緒にいるとき、その場で誘ってすぐに行くという手段も有効です。
「いまから行かない?」と誘えば、予定をすり合わせてわざわざふたりで行くという照れもありません。
「え? いまから?」とドキドキしてしまうシチュエーションも効果大。彼が迷うそぶりを見せても「押せばいける!」と思ったら強引に連れていきましょう。
男性は「ふたりで大丈夫かな」「間が持つかな?」「沈黙が怖い」などと考えて、誘いたい女性がいるのに行動できずにいる場合があります。
そんなとき、女性側から機転の利いたひと言で誘ってもらえるととてもうれしいもの。さりげなく誘って、最初の一歩を踏むことがなによりも大事。
彼のリードを待ってチャンスを逃すよりも、自分から声をかける気持ちを持ちましょう。
Fashion image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
飲み会で「俺のこと好きなのかも?」と思わせるテクニック
中身を割るとよさがわかる。本命彼氏に選ぶべき「ココナッツ男子」の魅力
「彼氏作らないの?」と聞かれたら、モテないアピールでオトす

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。