ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃動画】プラスチックを食べるプランクトン。ポイ捨てしたゴミが、人間に戻ってくる証拠がここに・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳にした人もいるのではないでしょうか?
TABI LABOでも以前、「ポイ捨て」されたゴミが、動物のお腹に入っていたらどうしますか?といった動画を紹介しましたが、どうやら動物だけでなく、人間のカラダの中にもポイ捨てされたゴミが蓄積されているかも。

衝撃動画!
プラスチックを食べるプランクトン

動画で確認できるのは、食物連鎖の最下層に位置するプランクトンが、プラスチックを食べる姿です。

当然のことながら、プランクトンを魚が食べ、その魚を人間が食べることになります。つまり、プランクトンが食べているプラスチックを、私たち人間は間接的に食べるということになるわけです。この衝撃的な動画は、イギリスの「Plymouth Marine Laboratory(プリマス海洋研究所)」が撮影したもの。顕微鏡でしか見えない非常に小さなプラスチックの破片に蛍光色をつけたもので、プランクトンがプラスチックを摂取している様子が分かります。動画を制作に携わった「Five Films」のVerity White氏は、ここで紹介しているのはほんの一部でしかないと語ります。それが、全世界の海となれば、一体どれほどのプランクトンがプラスチックを摂取しているのか計り知れないとも。話を裏付けるように、海に廃棄されるプラスチックの量は、年間およそ800万トンにのぼると「Eco Watch」では、指摘されています。

さらに「Daily Mail」によれば、そのプラスチックのゴミの半分以上は、中国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、スリランカの5カ国から出ているとか。
プラスチックバッグなどの大きなゴミは、分解されるまで10〜20年かかると言われています。そのままの大きさだと、ウミガメのような大きな動物がクラゲと勘違いして食べてしまい、被害を被ります。

もしも分解されて小さくなったとしても、それをプランクトンが食べるので、結局は私たち人間に返ってくるというわけです。その毒素がホルモンを変化させ、いずれ深刻な健康被害を招いていくかもしれません。

海にゴミを捨てるということは、巡り巡って自分たちに帰ってくるということ。
自分たちが食物連鎖の中にいることを、しっかりと思い出させてくれる…そういった意味で、この動画の持つ意味は大きいと感じます。

Licensed material used with permission by FIVE FILMS
Reference:The Daily MailEcoWatch,

関連記事リンク(外部サイト)

砂糖を食べすぎると、脳に影響が出るって本当?最適な量は「1日25g以下」!
手術中、ずっとママのそばを離れない赤ちゃんコアラ。胸がキュンとなる親子愛
子どものTV出演の条件に出された「4つの質問」。あまりの残酷さに、涙を流す親も・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP