ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目の前で捌く新鮮うなぎ・秘伝のタレがとろける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月22日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時53分~)では、夏の成田山の美味しいグルメを特集した。参拝帰りの参道で食べたい「うまいもの」をリポーターの児玉理恵さんが巡っていく。

長く伸びる参道には数十店ものうなぎ店が軒を連ねている。その中から児玉理恵さんが訪れたのは、店先でうなぎを捌く職人たちが目を引く老舗「川豊・本店」(千葉県成田市)だ。

創業は明治43年。うなぎは井戸水でシメたものをその場で捌いて提供するため、新鮮さは折り紙つきだ。創業時から継ぎ足してきたという秘伝のタレが、新鮮なうなぎの深い味わいを引き出すという。
「上うな重」を口にした児玉理恵さんは「香ばしさと油の甘味、うま味が広がってくるんですよ。タレはあっさりしているので、うなぎの美味しさが存分に味わえますね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:川豊(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:成田・佐原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:成田・佐原×和食のお店一覧
麺まで辛い!炎をあげる激辛ラーメン
目の前で捌く新鮮うなぎ・秘伝のタレがとろける

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP