ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さすがの画力!浮世絵に電線?可愛すぎる桃太郎御一行など、月岡芳年「芳年略画」の世界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

江戸時代後期〜明治時代にかけて活躍した浮世絵師 月岡芳年(つきおかよしとし)。歌川国芳に師事していたのでJapaaanでも取り分け紹介することの多い河鍋暁斎(かわなべきょうさい)とは兄弟弟子の関係にありました。

月岡芳年の代表作品といえば月のある風景をシリーズもので描いた「月百姿」。そして芳年は目を覆いたくなるような強烈な無残絵も手がけていました。

月岡芳年「月百姿 史家村月夜」

そして今回紹介するのは簡略化された線で描かれた「芳年略画」。歴史的にも有名な物語の場面を中心に、芳年ならではのユーモアなタッチでシンプルに描かれた作品です。略画といっても月岡芳年のその画力は十二分に味わえる作品たち。

芳年略画の題材となったのは桃太郎や金太郎、孫悟空など現在でもおなじみの物語も数多く、さらには浮世絵には珍しい電線・電柱が作品の中に描き込まれたものまで、とても興味深い作品のオンパレードなのです。

今回は芳年略画の中からとってもキャッチーな作品をいくつか紹介します。

月岡芳年 「芳年略画 天狗之世界」

天狗が2匹、空中で鼻を突き合わせています。電柱と電線を描くことで飛んでいることを表現していますが、浮世絵で電柱・電線が描かれたものは当時では珍しかったのではないでしょうか?

月岡芳年 「芳年略画 帰国浦島」

浦島太郎が玉手箱を大事に持ち家路へ…。

月岡芳年 「芳年略画 桃太郎鬼ケ島行」

今まさにCMでも話題の桃太郎御一行様。かなり可愛い猿・犬・キジ、勝てる気まったくしないんですが…。

月岡芳年 「芳年略画 蝙蝠之五段目」

忠臣蔵の五段目をコウモリが演じています。こうもり傘とコウモリをかけているのでしょうね。

月岡芳年 「芳年略画 応挙の幽霊」

落語の噺「応挙の幽霊」を月岡芳年が描くとこんな感じに。

月岡芳年 「芳年略画 悟空吹毛」

孫悟空が毛を吹いて自分の分身を登場されているところ。

月岡芳年 「芳年略画 雷公引水」

芳年の無残絵の片鱗をうかがわせる作品ですね。

(国立国会図書館デジタルコレクションより)

いかがだったでしょうか?桃太郎御一行の可愛らしさがかなりツボでしたが、天狗之世界の中に描かれる電柱・電線もなかなか珍しく、明治時代ならではの浮世絵といった感じでしたね。

芳年略画のその他の作品は国立国会図書館デジタルコレクションで確認できますので是非チェックしてみてください。

芳年略画 – 国立国会図書館デジタルコレクション

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

合戦や戦争に注目した浮世絵展「浮世絵の戦争画」開催!歌川国芳や月岡芳年の作品も
まさに江戸時代のマンガ!浮世絵「化物忠臣蔵」がユーモアあり毒ありでオモシロ!
可愛らしい〜!日本画で描いたワンちゃん、ニャンちゃん勢揃い「ワン・ニャン・鳥さん 大集合」展 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP