ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花火より弁当?! 松坂屋上野店に、“打ち上げ花火”のように彩り豊かな弁当やお手軽スイーツなど約50種が集結!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夜空に大輪の花を咲かせる夏の風物詩、花火大会の季節がやってきた。今年の東京三大花火大会は、7月25日(土)の隅田川花火大会を皮切りに、8月1日(土)が江戸川区花火大会、8月8日が東京湾大華火祭というスケジュールとなっている。

もちろん、この他にも各所でさまざまな花火大会が催され、毎週のように花火大会を渡り歩くという人も少なくないのでは?

花火大会といえば、欠かせないのがやっぱりお弁当。松坂屋上野店では、地下1階のほっぺタウンにて、8月9日(日)まで夏の楽しい気分を一層盛り上げる花火モチーフの弁当や、花火を見ながらでも食べやすいフィンガーフードなどを多数販売中。

まるで“打ち上げ花火”のように彩り豊かで美しい豪華な弁当や寿司をはじめ、お手軽なスイーツなど約50種類が集結し、見て回るだけでもワクワクすること請け合いだ。

「松坂屋上野店限定 古市庵 花火ちらし」(756円) は、花火をモチーフにした具沢山のちらし寿司。海老・いくら・サーモントラウト・いかなど12種類もの具材が美しく盛り付けてある。

「松坂屋上野店限定 北辰鮨 花火のり巻き棒セット」(555円)は、のり巻きをひとくちサイズにカットし、食べ歩きに便利な串刺しにしたもの。お団子のようなユニークなカタチが面白い。

花火に見立てた彩り豊かなミルフィーユ状の「札幌かに家 かに重ねちらし」(972円)は、各日限定30食。心華やぐようなオシャレな一品だ。

他にも、各日限定20食の「松坂屋上野店限定 浅草今半 一口すき焼おにぎり」(1080円)をはじめ、「聘珍樓 中華風海老の唐揚げ」(540円)、「九州屋 カットフルーツ食べきりサイズ」(324円)といった、お手軽なフィンガーフードやデザートもラインナップ。

美味しいお弁当があれば、花火見物がより一層楽しくなるはず!この夏は松坂屋上野店にぜひ足を運んでみよう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP