体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いつかは出たい」と思ってる? 実家暮らしを続ける人のホンネとは

一人暮らしをするつもりはある?実家暮らしを続ける理由とホンネ

人生において大きな転機ともいえる一人暮らし。大学入学や就職など、さまざまな理由で一人暮らしをはじめるものだが、なかにはずっと実家を離れない人もいる。いったいその理由って? 実家暮らしを続ける未婚者400人(20~39歳)に、アンケート調査を実施した。
時期未定だが「いつかは出たい」が多数。20代一人暮らし意向高し

そもそも、一人暮らしをする気はあるのだろうか? 「実家を出て一人暮らしをしようと思っていますか?」という質問に対する回答のなかでもっとも多かったのは、「一人暮らしをするつもりがある(時期は決めていないがいつかは)」(37.1%)。全体の約半数は、今のままずっと実家に居続けたいと考えているワケではないようだ。詳しくは以下の通り。

年齢を重ねるにつれて、一人暮らし意向は薄れていく傾向がある

年齢を重ねるにつれて、一人暮らし意向は薄れていく傾向がある

世代別にみると、一人暮らし意向の強い世代は20代。自立心も芽生え、一人暮らしへの憧れを抱く年ごろだからこそ、当然ともいえる結果だろう。この世代で一人暮らしをしたいと考えている人のフリーコメントを見ると、「いつまでも実家じゃ子どものまま」(29歳・男性)や「経済的にも精神的にも自立した女性になりたいので」(24歳・女性)など、親のすねかじりをやめて一人暮らしをすることが、大人への第一歩と考えている人も多い。

30代以上で、一人暮らし意向のある人の理由は、「独身30代で実家(地元)にいるのは恥ずかしい」(35歳・女性)、「40歳近くになって実家暮らしは……」(38歳・男性)と、世間体を気にする意見もチラホラ。いつまでも実家暮らしというのは、周囲にあまり良い印象を与えないという感覚は、やはりあるようだ。経済面と両親のことを考えると一人暮らしはできない?

上表で見ると、30代には「一人暮らしをするつもりはない」派の割合が多い。今回の調査では、その理由をフリーコメントで得ているが、それらは主に以下の4つに大別できた。

(1)「経済的に一人暮らしは厳しい」
(2)「一人暮らしをするメリットがない」
(3)「両親の介護」
(4)「一人暮らしは面倒くさい・実家暮らしが楽」

(1)敷金や礼金、毎月の家賃、家具や電化製品をそろえるとなると、一人暮らしをはじめるにはそれなりに費用がかかる。加えて、この世代の平均年収は、ここ数年低推移。平成25年分調査では多少回復しているが、それでも最盛期の平成9年に比べれば年間65万~75万円程度下回っている。(国税庁「民間給与実態統計調査」より)。(1)の理由を答えた人のなかには“やむなく実家暮らし”という人も少なくなさそうだ。

また、(2)「一人暮らしをするメリットがない」といった主旨のコメントも多く見受けられたが、実家暮らし最大のメリットは、やはり経済面だろう。そう考えると、こちらも本質的には(1)と同様の背景や理由が見え隠れする。

(3)「両親の介護」は、少し事情が異なる。同世代の親は60~70代が中心。そろそろ健康上の問題が出始めてもおかしくない年齢。両親に何かあったときのことを考え、実家暮らしを選択するのは親孝行だが、30・40代の介護離職も深刻視される昨今、子の将来を考えれば一概に良いこととは言い切れない。

(4)「一人暮らしは面倒くさい・実家暮らしが楽」は、良い理由とは言えないだろう。料理や洗濯、掃除など、一連の家事も含めて“生活”であり、生きるための活動だ。それらを実家暮らしで両親に頼り切ってしまっては、いつまでたっても生活力は身につかないだろう。

ちなみに、「両親から一人暮らしをするように言われることがあるか」についても調査をした。結果は、半数以上の53.5%の人が「まったく言われない」と回答している。親世代も子世代の経済状況を理解している。子に経済的に厳しい状況で一人暮らしをさせるよりも、実家で貯蓄を増やせばいいと考える親も少なくないのだろう。

20代は一人暮らしをするように言われることが多いが、全体的には言われないケースが圧倒的に多い結果となった
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。