ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

省エネ住宅ポイントの申請締切まであと4カ月。発行状況は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年3月10日から受付を開始した「省エネ住宅ポイント」について、6月末時点の実施状況を国土交通省が公表した。発行したポイントは、6月末時点の累計で189億ポイントを突破したというが、ポイントをもらうのはまだ間に合うのか、改めて確認しておこう。【今週の住活トピック】
「省エネ住宅ポイントの実施状況について(平成27年6月末時点)」を公表/国土交通省2015年6月末時点で予算枠の2割程度を消化

最大30万円(耐震改修を行う場合は最大45万円)相当のポイントがもらえる「省エネ住宅ポイント」は、2014年度補正予算で創設された制度で、「住宅エコポイント」の復活といわれ話題になった。補正予算が閣議決定した2014年12月27日以降に契約した、所定の省エネ住宅の新築やリフォーム、完成済み新築住宅の購入などが対象で、2016年3月31日までに着工するものに限られる。

しかし、ポイントを発行してもらうには申請が必要で、ポイントの申請は2015年11月30日までが期限となり、かつ予算枠に達成した場合はそれより前に期限がくる可能性もある。

省エネ住宅ポイントの予算枠は、905億円。以前より対象を広げて使い勝手をよくした省エネ住宅ポイントだが、2015年6月末時点で、どの程度の予算が消化されているのだろう?

まず、6月末時点の累計発行ポイントは、11万3791戸・189億4291万6000ポイントに達している。すでに発行した累計戸数は11万3791戸であるが、ポイントの申請を受け付けた累計戸数は14万916戸なので、予算消化が見込まれる額は、189億4291万6000円よりは多くなるだろう。が、当初予算枠の905億円の2割程度なので、予算枠に早期に達してしまう懸念はないだろう。

【表1】発行したポイント数および戸数(出典:国土交通省「省エネ住宅ポイントの実施状況について(平成27年6月末時点)」)申請期限は2015年11月30日まで

ポイントの発行申請期限は11月30日までだが、それまでに何をすればよいのだろうか。対象となる住宅によっても違いがあるので注意してほしい。

まず、省エネリフォームについては、11月30日までに工事が完了したうえで、所定の書類を用意して、ポイント発行の申請をする必要がある。

一方、省エネ住宅を新築したり、1000万円を超える大規模な省エネリフォームをする場合は、工事期間が長くなるので、工事が終わる前にポイント発行の申請ができる。この場合は、工事請負契約を結んだうえで、建築確認や所定の省エネ性能を満たす証明書などの必要な書類を用意して、11月30日までにポイント発行の申請をしなければならない。

では、新築の省エネ住宅を購入する場合はどうだろう。省エネ住宅を分譲する事業者は、ポイントの予約申請ができるので、未完成の場合でも完成済みの場合でも、まずは売主に確認して省エネ住宅ポイントの対象になる住宅であることが前提。そのうえで、11月30日までに売買契約を結び、ポイント発行の申請をする必要がある。

ポイント発行の申請を期限までにできたとしても、ポイントを発行してもらう権利を得たに過ぎない。確実にポイントを受け取るためには、着工や完了報告などを期限までにきちんと実行することも求められる。

さて、省エネ住宅ポイントをもらうために、慌てて契約をしたり、工事を完了させたりするのは本末転倒だ。すでに住宅の新築や購入、リフォームの検討段階が進んでいて、30万円相当のポイントをもらいたいと考えていた場合は、ポイントの発行申請に期限があることを意識してほしい。

また、所定の省エネ性能を満たしているか、必要な書類が用意できるかなどを自分ですべて理解することは難しいので、売主や施工会社などのパートナーと事前によく相談をしておこう。●参考
注目! 住宅エコポイント復活とフラット35S金利引き下げ幅拡大(SUUMOジャーナル)
省エネ住宅ポイント公式サイト
元記事URL
http://suumo.jp/journal/2015/07/22/94351/

【住まいに関する関連記事】
ついに不動産取引もテレビ会議の時代に!?
「土地白書」公表!利便性、住環境等に優れた住宅地で、上昇傾向が顕著
国土交通省が中古住宅評価手法で新指針 今後は使用価値が評価される?
税制・金利優遇が受けられる 長期優良住宅と低炭素住宅とは?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP