ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidアプリを圧倒的に使いやすく!30ドルで買える“手のひらサイズ”の新感覚PC

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲームからビジネスユースまで網羅する、Androidアプリ。

その利用シーンをさらに広げるかもしれない小型PC「Remix Mini」が登場した。

・Androidアプリをマルチウインドウで

その特徴は、通常のPCと同様の操作感。複数のアプリをそれぞれのウインドウで、同時に動かせることだ。

Android 5.0をベースにした「Remix OS」は、現在公開されている150万種のAndroidアプリ、その“すべてが動作可能”だという。

アプリ間でコピー&ペーストしたり、マウスやキーボードを使ったりできるようになれば、文書作成などは特に便利になりそうだ。

・手のひらサイズの小型ボディ

本体は、幅12.4cm×奥行き8.8cm×高さ2.6cmと、手のひらにも乗る超小型サイズ。

PCに見えないシンプルなデザイン。スイッチは見当たらないが、電源は本体上面をタップすれば入れられる。

タッチパネルはなく、4K/2Kの高精細な映像出力に対応したHDMIでディスプレイを接続。

このほか、イーサネット、無線LAN、Bluetooth、USBポート×2、Micro SDカードと、情報端末として必要そうなインターフェースも一通りそろえてある。

・30ドルからの低価格!

CPUはCortex-A53(64ビット/1.2GHz/クアッドコア)で、メモリ1GB RAM/ストレージ8GB、またはメモリ2GB RAM/ストレージ16GBの2モデルがラインナップされている。

スペックだけなら一世代前のスマートフォンといったところだが、魅力的なのはその低価格。「Kickstarter」での価格は、1GB RAMモデルが30ドル、2GB RAMモデルが50ドルとなっている。

出資の目標額は5万ドルだが、すでにその10倍以上の額を集めている。キャンペーン期間は8月29日まで。

Rimix Mini

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP