ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

外で使えばUVカット!サングラスに変身する“PCメガネ”が便利

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Gauss2

メガネと言えば、視力矯正用が一般的だが、新たに現代人の定番に仲間入りしたのが、ブルーライトをカットするPCメガネ、そして紫外線をカットするサングラスではないだろうか。

これらを1つにしてしまったのが、ドイツのスタートアップ「Gauss」だ。

・最新技術を凝縮

「Gauss」は、1976年からドイツで視野光学に携わり、レンズの研究開発を続けるPeter ‘Pit’Marx氏と、VRディベロッパーでプロダクトデザイナーの Jay Uhdinger氏が立ち上げたスタートアップ。

Gauss4

ここ数年で目覚ましい発展を遂げたレンズ技術を集め、スマホやパソコンのブルーライトと屋外のUVライト、どちらからも目を守る商品を開発した。

・ 紫外線に反応しPCメガネからサングラスに

紫外線を感じると自動的にレンズの色が濃くなり、サングラスに変化するのが「Gauss」の特徴。

暑い夏に外へ出ると、グラス面が黒くなりUV/A 波とUV/B波をしっかりカットするという仕組みだ。

・ モニターの色が変わらない

また一般的なPCメガネは、有害なブルーライトを遮断するため黄色いレンズを使用していたりするが、新しい技術の“Blueguard”をつかった「Gauss」は、透明なレンズを使用。

Gauss1

モニターの色変化がないので、目を酷使する写真編集作業にも威力を発揮しそうだ。

Gauss3

「Gauss」は現在Kickstarterで、今年9月の出荷を目指し出資を募っている。

2万ユーロの目標金額を大幅に上回る約9万4000ユーロの出資がすでに集まっている。

メガネの形は選べる6種類。定価は159ユーロの予定で、今なら190ドルで軽量チタニウムフレームの「Gauss」2本を先行予約できる。(日本への送料は9ユーロ)

世界から注目を集めるドイツのPCメガネに期待したい。

「Gauss」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。